境内に遷座

28 の例文 (0.00 秒)
  • 平成2年、高知城内にあった熊野・春日・住吉の三社を境内に遷座した。 ...
  • 当初は桑名神社一社があり、後に中臣神社が境内に遷座し、二社合社となった。 ...
  • 境内が狭いため、翌10月15日、万年寺山の元の須加神社境内に遷座した。 ...
  • 文久元年には鎮守として吒枳尼天が境内に遷座し、三好稲荷閣として整備された。 ...
  • また、元は伊豆国三宮であったが、二宮八幡宮が大社境内に遷座してのち二宮になったという。 ...
  • このため太平洋戦争後、近代社格制度の廃止により神社の運営が不可能となり、昭和22年玉井宮東照宮の境内に遷座した。 ...
  • 明治に氏子域に鎮座していた村草神社、八幡神社、大名持神社、塞神社の4社を境内に遷座した。
  • 昭和22年操山の山上にあった旧県社・三勲神社を、祭祀が出来なくなったため玉井宮東照宮の境内に遷座した。 ...
  • しかし、木津川の氾濫により社殿を流失し、1672年に水主神社の境内に遷座した。 ...
  • 平安時代末期に馬牧が廃絶すると、稲敷市幸田を経て、鎌倉時代に大杉神社境内に遷座した。 ...
  • 元の鎮座地は千葉県庁公園内で、明治22年に千葉神社境内に遷座したが、境内が狭いことから、昭和12年より亥鼻山への遷座がすすめられた。 ...
  • その後大正7年に現在地の梛神社境内に遷座した。 ...
  • 文久元年に、西大平藩主・大岡家の帰依を得て、満福寺の境内に遷座し堂宇が建立されると、西三河から尾張・美濃にかけて幅広い信仰を受けるようになった。 ...
  • 当神社は近隣にある小山八幡神社と延宝・元禄時代のころに「宗教上の軋轢」があったとされ、それにより三谷の名主石井助太夫が小山八幡神社にあった八幡神像を三谷にある出世稲荷社の境内に遷座し、三谷地区の氏神としたのが始まりである。 ...
  • 大正7年に、 鎮守として奥山半僧坊大権現を相国寺山内塔頭より境内に遷座するなどをして、現在に至る。 ...
  • 元は当地には鹽竈神社のみが鎮座していたが、明治時代に志波彦神社が境内に遷座し、現在は正式名称を「志波彦神社・鹽竈神社」とし1つの法人となっている。 ...
  • 宝暦14年、結城本郷小塙村にある結城家の菩提所である見龍山覺心院乘國寺の境内に遷座した。 ...
  • 次へ