境内に移築

19 の例文 (0.00 秒)
  • 同寺境内に移築された碑のみが残る。 ...
  • この地区の代表的な建物である平手家住宅も、2002年に地区内の願王寺境内に移築された。 ...
  • 地元では、この橘諸兄の墓であると伝えられており、後円部頂には宝筐院塔が建てられていたが、現在は久米田寺境内に移築されている。 ...
  • 明治になってから石田大蔵神社境内に移築された。 ...
  • 元の天神社の社殿は当社境内に移築され神輿殿として使われていたが、後に神輿殿が別に作られ、改めて天神社社殿とした。 ...
  • なお、愛媛県四国中央市川之江時代の川之江藩の二層の陣屋門が八幡神社境内に移築現存している。 ...
  • 場所は中村城跡に建立されていたが、大正2年5月に現在の遍照寺の境内に移築され、中村城初代の中村朝宗を祭神とし歴代の中村氏の人々を祀る社となった。 ...
  • 翌1963年には山梨県教育委員会において県立博物館条例が整備されるが、この案は実現せずに睦沢小学校は甲府市武田の武田神社境内に移築され、藤村記念館として甲府市の郷土資料館となった。 ...
  • また、真浄殿に安置されていた歴代江戸幕府将軍の位牌も失われ、真浄殿は仙岳院本堂脇の境内に移築されて守り本尊と歴代住職の位牌を安置するようになった。 ...
  • なお、1886年に明治天皇の行在所として富澤政恕邸内に建てられたと称する建物が、1959年に篤志家から明治神宮に寄付されて境内に移築されたが、13年後に解体された。 ...
  • 明治13年に秋月城大手門を境内に移築。 ...
  • それ以前の拝殿は本殿と同時に再建された梁行1間桁行2間の入母屋造妻入茅葺板敷き吹放しの建物で、絵馬舎として境内に移築されている。 ...
  • しかし、1907年11月、無住のため社殿の維持が困難になったため、御神体を諏訪神社に合祀、旧本殿も併せて神社境内に移築された。 ...
  • また、山田城廃城後に城跡に愛宕神社が置かれ、城には石段が築かれたが、この石段は、愛宕神社が、山田地区の箒根神社に合祀されるとともに、その神社の境内に移築され、現在に残っている。 ...
  • 明治元年の神仏判然令の発布から8年後の明治9年に、市神社は稲荷神社境内に移築され、八雲社に合祀された。 ...
  • thumb|参考館参考館は、1870年に建造された旧久美浜県の県庁舎の一部分、具体的には玄関棟にあたる部分を、1923年に譲り受け、神谷神社境内に移築したものである。 ...
  • この経緯により、東京多磨霊園にあった鳥取藩主池田家の墓は、平成15年に鳥取市立川町の大雲院境内に移築改葬され、「史跡鳥取藩主池田家墓所保存会」が設けられた。