境内に移さ

42 の例文 (0.00 秒)
  • 元々は今の千住関屋町にあった神社であったが、後に氷川神社の境内に移されたという。 ...
  • その後天文年間に長禅寺が現在地に移るとともにその境内に移されたとされる。 ...
  • 当時は料亭街の中にあったが境内に移された。 ...
  • 昭和56年道路拡張に伴い、本来あった折居田から保存のため境内に移された。
  • 防空壕は実際に造られ、その過程で三十三観音像は光雲寺の境内に移された。
  • そして明治9年、道路拡張工事に伴い句碑は諏訪社境内に移された。 ...
  • 本来は船の出入りする入り江や新田の堤防上に祀られていたが、多くは寺社の境内に移されている。 ...
  • 蛙石はカエルに似た形の石で、自動車の邪魔になるという理由で水車新田の大土神社境内に移されている。 ...
  • 現在の十王堂は阡陌の交点にはなく、玉泉庵の境内に移されている。 ...
  • この石碑は昭和15年頃に門司の西生寺の境内に移されている。 ...
  • その後、名古屋の富士浅間神社の境内に移されている。 ...
  • 別当寺は妙法寺という寺であったが、寛永年間に廃寺となったため現在地にあった蓮華寺の境内に移されたという。 ...
  • なお、63年にわたり使われていた旧橋は鉄道橋であった歩道橋を含め第一期工事完成後に解体されているが、親柱のみ在家塚の隆厳院の境内に移され現存している。 ...
  • 江古田駅南口方面の千川堤植桜楓碑は江古田浅間神社境内に移された。 ...
  • その後浜田屋は明治時代に米相場に失敗して没落していき浜田屋の墓も当地から隣の永福にある理性寺の境内に移されて現在に至っている。 ...
  • 猪名寺廃寺跡といっても、いまは法園寺境内に移されているかつての塔心礎がのこっているだけで、そこに見えるものは草ぼうぼうの荒れた森しかなかった。 ...
  • 江戸時代には社殿があったと伝えられているが、1877年に熊野那智大社の摂社のひとつ児宮として境内に移され、跡地には石碑と庚申塚のみが残されている。 ...
  • 次へ