境内に残る

28 の例文 (0.00 秒)
  • 現在も境内に残るカヤの木は、秀吉来訪を記念して山主が植えたという。 ...
  • これらの境内に残る建造物は実相院、西法院、福寿院により管理されている。 ...
  • 人々はこの事態を神のお告げと受け止めて伐採を中止し、大クスと第二大クスの2本が神社境内に残ることになった。 ...
  • 現在では表参道の桜並木は失われているが、今も境内に残る桜の木々は神宮の象徴として、地域住民に親しまれている。 ...
  • 木花佐久夜毘売が火の中で3皇子を出産したのち、産屋として使ったとされる「無戸室の跡」が境内に残る。 ...
  • 湧水は昭和30年代に枯渇したが、境内に残る「泉殿霊泉」はその遺構とされる。 ...
  • 秋葉神社の境内に残る県道改修記念碑。 ...
  • 境内に残る礎石から、飛鳥時代から奈良時代前半には大規模な伽藍が存在したことは明らかで、渡来系氏族の船氏の氏寺として建てられたという説もある。 ...
  • 境内に残る鐘楼の軒先きには、昭和20年の貝塚空襲による焦げ後が残り、当時の猛火を今に伝えている。 ...
  • 現在では、「情深墳」と呼ばれる忠治の墓が境内に残る。 ...
  • 同寺境内に残る、東江寺、霊泉院、香林院は江戸時代を通して祥雲寺の塔頭であった。 ...
  • 境内に残る古い狛犬は、足利基氏家臣の畠山一族の者、その血縁者の末裔が神社付近に来ると雨を降らし、うなり声を上げたという言い伝えがある。 ...
  • 現在、社宝となっている雌獅子頭と境内に残る浄水石はこのときに頼朝が奉献したもの、また神門前の太鼓橋は景時が寄進したものといわれている。 ...
  • 木花佐久夜毘売は自らの皇子を出産する際、生まれ来る子が天津神の子であることを証明するため産屋に火を放ったが、その時の産屋の跡と伝わる「無戸室の跡」や、産湯に使われたとされる「霊泉桜川」が境内に残る。 ...
  • これにちなむ7つの「星塚」が現在も境内に残る。 ...
  • 現在は塔礎石2個が僧寺跡に、南大門礎石1個が但馬国分寺境内に残るほか、原位置不詳の礎石6個が周辺各地に伝世されている。 ...
  • 大善寺は15世紀末の開山にして「江戸名所図会」にも載るほどの有名な寺であり、現在境内に残る薬師三尊こそが、元の大善寺の本尊である。 ...
  • 次へ