境内に建てられ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 後にスレイマン1世の霊廟もスレイマニエ・モスクの境内に建てられた。 ...
  • 横田地区生まれで戦国時代に活躍した大幾が幼少期に修行した寺院として知られており、大幾の墓と石碑が境内に建てられている。 ...
  • 江戸時代には東照宮御造営の際、徳川第三代将軍家光が宿泊するために壮大な御殿が境内に建てられた。 ...
  • 平安時代には神仏習合が進み、亀遊山神宮寺が境内に建てられた。 ...
  • その際の襲名記念の碑が法善寺境内に建てられ、写真は『落語系圖』p87に掲載されている。 ...
  • 連島の大江境内に建てられている。 ...
  • 渋沢はこの申し出を受けて記念碑の設計や資金集めに尽力し、1927年9月に記念碑が玉泉寺境内に建てられた。
  • 「冬木の木ずれの音 誰もきいていない」が絶筆で、句碑が菩提寺金龍山一光寺の境内に建てられている。
  • 火葬場で焼却されたネズミの霊を供養するための鼠塚が1902年、渋谷区の祥雲寺境内に建てられた。 ...
  • また、この地域は良質のもち米が穫れ、鏡餅発祥の由来から、鏡餅の元祖を祀った「鏡の宮」が境内に建てられている。 ...
  • 東行の没後100年を前に1966年に大修理が行われ、同年、東行を顕彰する東行記念館が境内に建てられた。 ...
  • 石碑は出土後、長安の金勝寺境内に建てられた碑亭に安置されたが、1860年代にこの地方で回教徒による騒乱が起きた際、金勝寺が焼払われて碑亭も失われてしまう。 ...
  • 中世には世義寺が境内に建てられたことにより一時祭祀が断絶するが、江戸時代の寛文年中に世義寺が移転し、度会国御神社の神霊も同地に移された。 ...
  • また、1927年に西山梨郡朝井村の善福寺境内に建てられた一斎の句碑「はなさいて冬になりしぞ茶のはたけ」の染筆を行った。 ...
  • 明治20年7人の義民を祀る「伏見義民事蹟」が御香宮神社の境内に建てられた。 ...
  • 「蜀黍畑」の碑は、雨情生誕100年を記念して、1982年5月30日に羽黒山頂の羽黒神社境内に建てられた。 ...