境内に建つ

15 の例文 (0.00 秒)
  • 境内に建つ忠魂碑の脇には、壊れた機雷が置かれている。 ...
  • いずれの建物も戦災を免れて現存しており、2005年7月12日に境内に建つ7棟が国の登録有形文化財に登録された。 ...
  • 境内に建つ相輪橖は日本三相輪橖のひとつで、慶弁が元寇の役で勝利したことを記念して、信者の浄財によって建立したと伝えられている。 ...
  • 現在、中野宗助の記念碑が田主丸町田主丸の來光寺境内に建つ。 ...
  • また奥津に現存する念仏寺の境内に建つ大永2年の銘がある宝篋印塔には「奥津郷」の文字が見られる。 ...
  • 境内に建つ堂宇のうち阿弥陀堂と御影堂は1878年に火災で焼失後、1884年に再建されたもの。 ...
  • 徳川家霊台は、かつては高野聖方の代表寺院であり、徳川家の菩提寺・宿坊でもあった大徳院の境内に建つが、大徳院は明治時代に他寺院と合併して廃寺となり、現在霊台は高野山真言宗大本山の金剛峯寺に属する。 ...
  • 本土最南端の地、串本町の臨済宗東福寺派別格寺院 無量寺の境内に建つ美術館で、設置の主たる目的は無量寺寺宝の保存と公開であるが、現代美術作品や郷土資料、考古学資料の収集・展示も行っている。 ...
  • 薩摩バンドが寄宿していた横浜妙香寺|妙香寺境内に建つ 1869年4月、イギリス公使ハリー・パークスよりエディンバラ公アルフレッドが7月に日本を訪問し、約1か月滞在する旨の通達があった。 ...
  • thumb|200px|闘雞神社境内に建つ湛増と弁慶の像 平治元年の平治の乱では、父湛快が平清盛方につき、平氏から多大の恩顧を受けつつ、平氏政権のもと、熊野別当家内部における田辺別当家の政治的立場をより強固なものにし、その勢力範囲を牟婁郡西部から日高郡へと拡大していった。 ...
  • 本尊は釈迦如来像だが、境内に建つ観音堂が磐城三十三観音 札所第一番 北目観音であり、そちらの本尊は木造如意輪観音坐像でいわき市有形文化財となっている。 ...
  • それぞれに本殿と拝殿を持つが、清瀧権現が降臨したと伝えられる醍醐水泉の正面に建つ「上醍醐」の「清瀧宮拝殿」は室町時代の建立で国宝、醍醐山麓「下醍醐」境内に建つ「清瀧宮本殿」は国の重要文化財となっている。 ...
  • その墓は京都市東山区霊山の正法寺にあり、顕彰碑「従三位巖谷君之碑」が滋賀県甲賀市水口町京町の大岡寺境内に建つ。 ...
  • 旧境内に建つ収蔵庫内には、千手観音立像、十一面観音立像、馬頭観音立像、不空羂索観音立像、聖観音立像が安置される。 ...