境内に入る

65 の例文 (0.00 秒)
  • 後の代までも僧形のものは賀茂の境内に入ることが出来なかった由である。 ...
  • 車の往来があわただしく、境内に入るのに年とった人には少し注意が必要。 ...
  • 源義は近くの神社の境内に入ると、初めて話の続きをはじめた。 ...
  • われわれ一行は稲佐集落に入り、新裏参道より車で神社の境内に入る。 ...
  • 褌一つで玉の汗をかいてよ、息を弾ませて八幡様の境内に入るのよ。 ...
  • 諏訪神社の境内に入ると、大銀杏いちようのまわりで子どもたちが遊んでいる。 ...
  • 石段を上って境内に入ると、広場の真ん中で篝火かがりびかれているのが見えた。 ...
  • 境内に入ると巨大な如来像が本堂の少し斜め前に立っている。 ...
  • だが、広い境内に入ると、娘の姿は消えていた。 ...
  • 境内に入ると右手に大きな鐘つき堂、そしてほぼ中央に存在感のある御手水鉢おちようずばちがある。 ...
  • 境内に入ると、参道は左手に弧を描き、「神池」を橋で渡って拝殿に至る。 ...
  • 聖堂の西側に、聖堂境内に入る14世紀の主要門が残っている。
  • 楼門をくぐって境内に入るなり、私はそこに外とは全く異なった空気が漂っているのを実感した。 ...
  • 境内に入ると、中年の婦人が、焚火たきびをしているのが見えた。 ...
  • 古手神社へと続く長い階段を上り、境内に入る。 ...
  • この時、境内に入る屋台は大笛祭とはであり、連合会長及び日坂・八坂の当番会長である。 ...
  • わたしは、その女中に眼を離すなと言いますが、おつなは境内に入ると、汁粉でも食べておいでと女中に言うそうなんですよ。 ...
  • 次へ