塹壕

全て 名詞
1,761 の用例 (0.01 秒)
  • 第一次世界大戦中は、兵士たちによって発行された塹壕新聞でもあった。
  • 敵も味方もこの花を友として、苦しい塹壕生活を続けていたのであろう。 岡本綺堂『ランス紀行』より引用
  • とはいえ塹壕に駆けこんでみると、田代にはすぐにその原因がわかった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 03 5121小隊 決戦前夜』より引用
  • 第二次世界大戦で米軍が不要弾を投下した跡、塹壕の跡などが見られる。
  • また第一次世界大戦では、塹壕戦における無音武器として復活している。
  • 一方で、塹壕はほとんど利用価値を失い現在の戦場ではみられなくなった。
  • 軍人のほかに地元住民なども動員して、塹壕や飛行場の構築が行われた。
  • その道は、今日でもそうであるが、昔も大部分は塹壕ざんごうの形をしていた。 ユゴー/斎藤正直訳『レ・ミゼラブル(上)』より引用
  • 砦の守備隊が準備していた塹壕線であり、何らかの理由で放棄されていた。
  • 犬が吠えれば塹壕のまわりで待機している者が直ちに見に行くのである。 酒見賢一『墨攻』より引用
  • 中には弾丸だんがんの嵐をかいくぐり、塹壕のすぐ手前まで近づく者もいました。 時雨沢恵一『キノの旅 第09巻』より引用
  • ペンバートンは最後の抵抗を試みた後、町の周りの塹壕の内側に退いた。
  • 敵も味方もこの花を友として、苦しい塹壕生活をつづけていたのであろう。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • この将軍は高い山岳地帯の雪のなかに掘った塹壕ざんごうのなかで死んだのだから。 ヘミングウェー/高村勝治訳『勝者には何もやるな/ヘミングウェー短編集3』より引用
  • 塹壕掘りばかりやっていて、戦争はおろか爆撃も経験しなかったという。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • 第一次大戦の塹壕戦で大々的に使用され戦線が膠着する原因になった。
  • それぞれの隊が塹壕からざっと100ヤードの距離で防御についていた。
  • 第一次世界大戦で生まれた塹壕戦は戦争の形態を変える戦術であった。
  • ぼくは彼といっしょに塹壕を見に行ったが、とても良いものだった。 ヘミングウェー/高村勝治訳『武器よさらば』より引用
  • このプロジェクトは塹壕、砦、戦闘の残骸など驚くべき発見を報告した。
  • 次へ »