塩田

全て 名詞
1,343 の用例 (0.01 秒)
  • ボーイは早速電話でもって、塩田先生に貸してある小室へ電話をかけた。 海野十三『蠅男』より引用
  • 塩田もすでにローマ時代よりあり、現在でもストンでは塩が作られている。
  • とにかく塩田君を呼んでようじゃないかということになった。 森鴎外『青年』より引用
  • 彼は灰色のズボンに両手を突っ込んで、ぶらぶら塩田の傍に歩いて来た。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • 大野は藩財政の運営と塩田開発に手腕を発揮して家老に取り立てられた。
  • 塩田があることで知られ、ビルマ県の県都として地域の行政の中心地である。
  • 塩田は正義派の小倉の言葉が、自分に向けられているような気がした。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • 初めて塩田のアパートを尋ねたヒップ大石は、窓から外を見て声をあげた。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • さらに沖合側はかつての塩田の跡が干拓されて平野部を形成している。
  • それでも地廻りの塩としては行徳塩田とともにその名を知られていた。
  • 島にもそこだけしか残っていない塩田を見下す丘の上に放哉はいた。 永六輔『遠くへ行きたい』より引用
  • 日本でも塩田に発生した例があるが、持ち込まれたものと思われる。
  • 塩田は主に出納の事に当り、わたくしは主に診療の事に当つたのである。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • 扉をノックすると、塩田先生が自ら入口を開いて、村松氏を招じ入れた。 海野十三『蠅男』より引用
  • 塩田団平元羽後銀行頭取の次男として秋田県平鹿郡雄物川町に生まれる。
  • これらの塩田は一般の塩田に比べて特別な保護と統制の両方が加えられていた。
  • 塩田大尉は、また声をはりあげて扉にむかって博士の名をよびました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田も実は一人少ない四回目の結婚届を出したばかりであった。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • 一彦はなぜ、塩田大尉がそう言うのか、はっきりのみこめませんでした。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 郡内の主要な第一次産業は塩田における塩の生産である。
  • 次へ »

塩田 で始まる単語