塩田開発

24 の用例 (0.00 秒)
  • 藩財政が早くから悪化したため、長直は塩田開発に積極的に取り組んだ。
  • 大野は藩財政の運営と塩田開発に手腕を発揮して家老に取り立てられた。
  • 屋島は平安時代は島であったが、江戸時代の塩田開発で陸続きのようになる。
  • 池田氏の代より始まっていた塩田開発を奨励し整備を行い塩を赤穂の特産品とした。
  • その後も明治初期まで塩田開発が行われた。
  • 主に塩田開発を行なったが、この改革は一時的に成功し、後に「大盛院時代」と称されている。
  • 屋島は平安時代は島であったが、江戸時代の大規模な塩田開発で陸続きのようになる。
  • その後も野崎武左衛門によって塩田開発が行われ、全国屈指の塩業地として名を馳せた。
  • また、塩田開発も進め、明和年間には21万石に上がる収益を得たと言われている。
  • ところが高松藩の財政難は深刻で、途中から塩田開発工事資金がとどこおるようになった。
  • 塩田開発を行い塩を特産とし、また、白木綿の生産を奨励した。
  • 瀬戸内海に面した児島地区では塩田開発が江戸末期から明治にかけて盛んになり、地元の名家である野崎家が財をなした。
  • そのような流れの中で、周辺の地域でも江戸初期には洲脇伝右衛門により、後代に進められる周辺の大規模な塩田開発の先鞭の地ともいえる阿津に塩浜が開かれるなど、小規模ながら次第に開発されていった。
  • 藩政においては、文化8年と文化14年に塩田開発を積極的に行い、塩問屋との関係強化に努めて藩財政債権を目指した。
  • 更に塩田開発や蝋燭の原料となる櫨の植林等殖産興業にも努めた。
  • その後江戸時代に入ると塩田開発や干拓などで屋島、本土双方からの埋め立てが始まり、最終的に現在の相引川を残すような形になり船舶交通は衰退した。
  • 通賢は塩田開発の陣頭指揮を執るだけでなく、自ら率先して作業に参加したため工夫達の士気も上がり、工事ははかどった。
  • 江戸時代に入ってからは、塩田開発による塩や米の積出港として、また、西讃の商工業の中心地として醤油や酒、茶や綿などの製造販売・取引が盛んに行われ、「仁尾買いもん」と呼ばれるほど人々が集まり、賑わいを見せていた。
  • 一方、田の口や上村、下村では塩田開発に加えて、萌芽し始めた小倉織りなどの織物産業は家内制手工業が見られるようになるなど成長をつづけ、藩によって取引所である会所も開設されるほどの集積が進んでいく。
  • 家康から家光までの3代の将軍は積極的に塩田開発のため資金貸付けを行ない、同地域の年貢は「3公7民」に抑制された替わりに塩による納税を奨励した。
  • 次へ »