塩田跡地

22 の用例 (0.00 秒)
  • 広大な塩田跡地は、年に一度ヘリや飛行機のラジコン大会が開催されている。
  • 利用されなくなった塩田跡地には塩性湿地が形成され、日本の重要湿地500にも選出された。
  • またかつての塩田跡地で車エビの養殖が行われている。
  • その後塩田跡地は放置されていたが、戦後になると都内から戦災者や引揚者が多く住み着いた。
  • 現在の防府市の塩田跡地利用、中関港の姿は、福永の計画に酷似しており、現在の防府市の姿に影響を与えた人物といえる。
  • その土地のほとんどが古代の干拓地か戦後埋め立てられた塩田跡地で、かつては山岳「屋島」のみが位置する平地が非常に限られた島であった。
  • 東餅田の海岸沿いの松原塩田跡地では、岩崎産業がクルマエビの養殖を行っている。
  • その塩田跡地の一角に、かつての入浜式塩田の諸施設を復元し、併せて道具類の展示、塩づくりの様子が展示されている。
  • 戦後に塩田業が衰退し始めると、1953年より港湾開発が行われ、塩田跡地や埋立地に鉄鋼や化学製品の工場が立地する臨海工業地域に転換された。
  • しかし、この跡地に存在するアッケシソウは植物愛好家が香川県の塩田跡地より持ち帰ったアッケシソウの種子を蒔いたと文献に残っている事から、保護に成功した珍しいケースの場所と言える。
  • 塩田跡地は土地が低いため盛土が必要であり、塩分残留があるため農業用地や用水型工業用地には不向きである。
  • 塩田跡地では埋め立て工事を行い、中国政府とシンガポール政府が共同で開発するニュータウン「天津生態城」が建設されている。
  • 北海道以南では宮城県、愛媛県および香川県の塩田跡地で生育が確認されていたが、これら塩田跡地が開発によって住宅地や工業団地などに転用された事に伴い、アッケシソウ群落はほとんど絶滅に近いとされている。
  • 排水ポンプの停止は干拓地や周辺低地への浸水につながるため、2010年には瀬戸内市が塩田跡地を取得した。
  • その後、番の州埋め立てに伴う大規模臨海工場の誘致、塩田跡地を活用した港湾開発などにより、香川県の工業と坂出市の発展に大きく貢献し、現在、四国北東部における流通拠点として重要な役割を果たしている。
  • 各地の塩田跡地は火力発電所、重化学工業用地、養殖場、ゴルフ場などに転用されている。
  • また、野崎浜の塩田跡地は瀬戸大橋架橋と同時に児島駅と道路が整備され、児島の新市街地を形成し、味野旧市街と駅を結ぶメインストリートには『武左衛門通り』と名づけられている。
  • 天津では副省級区の浜海新区に天津港保税区、国家海洋ハイテク開発区など工業団地がいくつか設けられており、中でも天津経済技術開発区ではニュータウン建設が各地で進んでいるほか、塩田跡地を埋め立て、国政府とシンガポール政府が共同で開発するニュータウンである天津エコシティの開発がすすめられている。
  • 谷津の塩田跡地のうち干潟の部分は、昭和放水路計画のため大蔵省の所有地となったため、1960年代以降の千葉県企業庁による埋め立てを免れ、今日の鳥獣保護区谷津干潟成立の伏線となった。
  • 千葉県周淮郡大堀村の塩田跡地を借り受け、官許の下製塩事業を開始、明治12年竣工、翌年から試験操業を開始した。
  • 次へ »