塩田荘

10 の用例 (0.00 秒)
  • 義政が居住した信濃国塩田荘は、「信州の鎌倉」と呼ばれる中世文化が開かれた。
  • また彼が管轄した塩田荘は、寺社が多数建立され、鎌倉文化を今日に伝える文化財が多数現存している。
  • 建治三年に鎌倉幕府の要職である連署を務めた北条義政が信濃国塩田荘に館を構えたことに始まる。
  • 他には建武2年の恩賞で得た塩田荘12郷で信濃守護の威令が及ばなくなると自領の拡大を図る活動が見られる。
  • 義政が信濃国塩田荘を領した事から塩田を称した。
  • また、文治元年には信濃国塩田荘地頭職にも任命される。
  • 信濃国塩田荘に住したことから、義政から孫の俊時までの3代は塩田北条氏と呼ばれる。
  • 応仁元年、海野氏が領していた小県郡塩田荘を奪い、応仁2年には海野荘に攻め入り千葉城の詰口を奪いこの時陣中から頭役料を諏訪上社に送っている。
  • 翌5月信濃国塩田荘に遁世した。
  • 応仁元年、村上氏との戦いで海野持幸が戦死して小県郡塩田荘が村上氏に奪われ、応仁2年にも村上氏と「海野大乱」と呼ばれる戦いを繰り広げ、海野氏の勢力は徐々に衰退していった。

塩田荘 の使われ方