塩田町

36 の用例 (0.00 秒)
  • 市役所は、人口が多かった旧嬉野町ではなく、旧塩田町におかれた。
  • 塩田町の青年たちの印象を一口で言うならば、トレーニングウエアである。 山口瞳『草競馬流浪記』より引用
  • 西の杵島山地で塩田町と隣り合い、それより東が低地の水田地帯である。
  • 旧・上田市地区の小県郡塩田町の東部一帯を学区としている。
  • この鳥栖市と塩田町とは、佐賀県の東と西の端にある。 山口瞳『草競馬流浪記』より引用
  • 塩田テレビ中継局は、佐賀県嬉野市の旧藤津郡塩田町域に置かれているテレビ中継局である。
  • 父方の本家は、佐賀の武雄と肥前鹿島かしまの中間の塩田しおた町という所にある。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 小湊鐵道塩田営業所は、千葉県千葉市中央区塩田町に位置する小湊鐵道バス部の営業所である。
  • 長野県道82号別所丸子線は、長野県上田市内の塩田町と丸子町地区を結ぶ県道である。
  • それならば、僕の父方の故郷である藤津郡塩田町久間冬野に近い。 山口瞳『草競馬流浪記』より引用
  • 塩田町の町役場の青年が出張で東京へ行った。 山口瞳『草競馬流浪記』より引用
  • 西側の武雄市と塩田町の間も、虚空蔵山付近のせまい水道で両方の海はつながっていた。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • これは、対等合併前の合併協議会の中で、新しい自治体の名称に嬉野を使うならば本拠地は塩田町に置くことが合併の条件として協議が進められた経緯がある。
  • 馬場駅は、かつて長野県小県郡塩田町にあった上田丸子電鉄西丸子線の駅である。
  • 石神駅は、かつて長野県小県郡塩田町にあった上田丸子電鉄西丸子線の駅である。
  • 宮前駅は、かつて長野県小県郡塩田町にあった上田丸子電鉄西丸子線の駅である。
  • この日は塩田町へ行って墓まいりを済ませ、嬉野温泉に泊った。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 富士山駅は、かつて長野県小県郡塩田町にあった上田丸子電鉄西丸子線の駅である。
  • 東塩田駅は、かつて長野県小県郡塩田町にあった上田丸子電鉄西丸子線の駅である。
  • 旧・上田市地区の小県郡塩田町の中心部中塩田地籍の八木沢地区を除く全域を学区としている。
  • 次へ »

塩田町 の使われ方