塩田検事正

5 の用例 (0.00 秒)
  • 時の塩田検事正の名が登場したのも、それから幾日と経たないのちのことだった。 海野十三『蠅男』より引用
  • 塩田検事正は、予の願いを入れて死刑囚を一旦処刑後引渡すから後はそのまま死なすなり生かすなり思うようにしろと云ってくれたこと、但しこれが他に知れると由々敷ゆゆし大事だいじであるから絶対秘密を守るようにという条件を持ち出されたことが認められてあった。 海野十三『蠅男』より引用
  • 塩田検事正の名が出ている! 海野十三『蠅男』より引用
  • この大胆なる学説が、果して正しいかどうか、鴨下ドクトルはそれを人類文化に大なる貢献をする研究だと思い、遂にその実験台となる人間を親しい塩田検事正に無心したのである。 海野十三『蠅男』より引用
  • その殺人犯の糊本が刑死すると、塩田検事正の取計いで彼のまだ生温い屍体はドクトル鴨下の待っていた寝台自動車のなかに搬びいれられた。 海野十三『蠅男』より引用