塩田広重

8 の用例 (0.00 秒)
  • 塩田広重はそこで、「鉛玉、金の玉をば通しかね」という駄句だくをものした。 阿川弘之『山本五十六』より引用
  • だから山本が「近藤博士」に鈴木邸へ急行してもらったという事と、塩田広重が鈴木の主治医であったという事の間には、あるいは何か関係があったかも知れない。 阿川弘之『山本五十六』より引用
  • 鈴木貫太郎の家には、その朝六時、すでに日本医科大学学長の塩田広重博士がけつけていた。 阿川弘之『山本五十六』より引用
  • 海軍軍医学校選科学生として東大に再度入学し、塩田広重のもとで外科学を学んだ。
  • 日本における輸血の実施は第一次世界大戦に日本赤十字社の救護班を率いてパリに派遣された塩田広重が、輸血の効果を体験し、1919年、日本で子宮筋腫の患者に行って成功した。
  • 近所に住んでいた帝国大学の塩田広重医師とたかが血まみれの鈴木を円タクに押し込み日本医科大学飯田町病院に運んだが、出血多量で意識を喪失、心臓も停止した。
  • 医学領域では、第一次世界大戦中の赤十字救護班病院で活躍した東京帝国大学助教授の塩田広重、経済領域では三菱ふそう自動車会長の渋谷米太郎やソニー創業者の盛田昭夫、トヨタ自動車社長の豊田章男など、文化領域では日本画家の川合玉堂、小説家の大江健三郎、建築家の安藤忠雄などが受章している。
  • 折悪しく宮内省の侍医は鎌倉へ他出中で不在、当直の黒田侍従が機転をきかして知り合いの塩田広重博士と輸血協会の飯島博士に電話、至急診療を頼んだ。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用