塩田大尉

172 の用例 (0.00 秒)
  • と、塩田大尉はなにごとかをひとりでもってしきりに感心していました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • そのうちに、塩田大尉機が待ちに待っていた機会がやってまいりました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉は少年からその鍵をうけとって、隅の鍵穴にあててみました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • これをじっとみていた塩田大尉は、だんだん息をはずませてきました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉は、また声をはりあげて扉にむかって博士の名をよびました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 一彦はなぜ、塩田大尉がそう言うのか、はっきりのみこめませんでした。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 彼はあくまで、それは塩田大尉のおもいちがいだと思っていました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • さすがの塩田大尉もいらいらしながら、塔の方をじろじろながめています。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉はと見ますと、どうしたものか顔を真赤にしています。 海野十三『怪塔王』より引用
  • そのうちに、やっと口を開いたのは塩田大尉でありました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • といいましたから、塩田大尉も怪塔のことは、かねて知っていたと見えます。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉はおどろいて、椅子から立ちあがり、一彦少年の顔を見ました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉は、指のさきを鼻のさきにもっていきました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉は、それと反対にかなり信用しているようです。 海野十三『怪塔王』より引用
  • それっというので、塩田大尉ののっている機も、その方へ急いで向かっていきました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉はさらに声を大きくして言いました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉は、またもや全機に命令を出して怪塔ロケットのあとを追わせました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉はさすがに隊長だけあって、すぐれたかんがえをもっていました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • だが、塩田大尉の目には、べつにたいへんらしいこともうつりませんでした。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉は、双眼鏡をとってしきりに、怪塔のあたりを見ています。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 次へ »