塩田北条氏

6 の用例 (0.00 秒)
  • 元弘三年に鎌倉が新田義貞を中心とする反幕府勢に攻められた際は、塩田北条氏も鎌倉に上り、幕府方として戦うが敗れ、一族とともに滅亡した。
  • 信濃国塩田荘に住したことから、義政から孫の俊時までの3代は塩田北条氏と呼ばれる。
  • 特に塩田北条氏の塩田荘は「信州の学海」と称されるほど、禅宗文化の中心地となった。
  • 以後、北条国時、北条俊時と3代に渡って塩田北条氏の居城となる。
  • 鎌倉時代には周辺の塩田平を本拠とした塩田北条氏建立による国宝八角三重塔を有する安楽寺や北向観音が創建された。
  • 千曲川左岸の塩田は鎌倉時代の執権北条氏の一族塩田北条氏の所領で、安楽寺、北向観音などの多くの文化遺産が残されており「信州の鎌倉」の異称で呼ばれる。