塩田剛三

13 の用例 (0.00 秒)
  • 養神館合気道塩田剛三の高弟、鈴木保が創始した養心館の技の流れを組む。
  • 昭和27年11月15日、埼玉県所沢市に塩田剛三の三男として生まれる。
  • 開祖の高弟である塩田剛三の著書には、軍人に的の位置に立った開祖を撃たせ、発射の瞬間に距離をつめ、弾が的のあたりに当たる時には撃った兵士が投げられていたという記述がある。
  • ただ、千田の師である塩田剛三は一般人にはわかりづらい曖昧な表現を嫌い合理的な稽古方法を重視した。
  • 陸上自衛隊第1空挺団で同期だった漫画家の板垣恵介を、塩田剛三に引き合わせた人物としても知られている。
  • 昭和20年代の合気会は新規の入門者が中々集まらず、塩田剛三の養神館道場に対して劣勢であった。
  • 塩田剛三はそのインタビューをまとめた本『合気道人生』で「実戦では8割が当身」と述べている。
  • ちなみに塩田剛三は「四方投げ」を基本技中の基本として重視しており、その著書「合気道人生」のなかで、植芝盛平が「合気道は四方投げ一本でいい」と語ったと紹介している。
  • また、武道家の塩田剛三の演武を見学している。
  • 創始者の塩田剛三は幼少の頃より、剣道・柔道を習い、旧制中学校5年の時には、柔道三段の腕前だった。
  • 「不世出の達人」「武道の神様」と称された合気道家の塩田剛三は拓殖大学の先輩にあたり、澤井健一と共に養神館本部道場で稽古を見学したこともある。
  • 同時期の植芝門下の兄弟子に、富木謙治、望月稔、湯川勉、米川成美、弟弟子には後の養神館創始者の塩田剛三などがいる。
  • 人物を軸にした特集は、宮本武蔵、植芝盛平、木村政彦、澤井健一、高岡英夫、松田隆智、小田常胤、塩田剛三ら、古武道だけでなく現代武道や中国武術、身体運用関連の人物も採り上げることがある。