塩田先生

17 の用例 (0.00 秒)
  • ボーイは早速電話でもって、塩田先生に貸してある小室へ電話をかけた。 海野十三『蠅男』より引用
  • 扉をノックすると、塩田先生が自ら入口を開いて、村松氏を招じ入れた。 海野十三『蠅男』より引用
  • 塩田先生が殺害された当時、この室のうちに誰がいたか。 海野十三『蠅男』より引用
  • その七、八分という短い時間のうちに、塩田先生の室には大変なことが起っていたのだった。 海野十三『蠅男』より引用
  • どうしてもこの室なのに、塩田先生と村松氏は、一体中で何をしているのだろう。 海野十三『蠅男』より引用
  • 蠅男が検事に塩田先生殺しの罪をぬりつけようとした次第が明らかになったので。 海野十三『蠅男』より引用
  • 階下の事務所にいて、塩田先生のところへ電話をかけたボーイ長もそれを否定しなかった。 海野十三『蠅男』より引用
  • ボーイは村松氏だけを案内して、六階にある塩田先生の貸切り室へ連れていった。 海野十三『蠅男』より引用
  • 塩田先生をどういう方法で殺したんだ。 海野十三『蠅男』より引用
  • あの有名な塩田先生の友人と聞いては、検事も署長も、大タジタジの体であった。 海野十三『蠅男』より引用
  • つまり村松検事さんのところへ、塩田先生からの速達が来たという話やねん。 海野十三『蠅男』より引用
  • 鴨下ドクトルと玉屋と塩田先生と、この三人を殺すにはさだめし理由があったろう。 海野十三『蠅男』より引用
  • 塩田先生は、脳天をうち砕かれ、上半身を朱に染めて死んでいた。 海野十三『蠅男』より引用
  • 現場では、無慚な最期をとげた塩田先生のなきがらの上に、カーキ色の布がフワリとかけられた。 海野十三『蠅男』より引用
  • なかにも村松検事は、塩田先生の門下の俊才として知られていた。 海野十三『蠅男』より引用
  • 蠅男は鴨下ドクトルに化けて洗面所に入ると見せ、すぐさまその窓から法曹ビルの外壁を、あの巧妙な鉄の爪でもって匍いのぼり、窓の外から塩田先生の頭蓋骨に用意の文鎮ぶんちんを発射したことが判明したのだった。 海野十三『蠅男』より引用
  • 水田検事から詳しい説明がのべられると、村松検事の無罪説を信じていた帆村たちも、それでも村松検事は塩田先生殺しに無関係であるとはいえなかった。 海野十三『蠅男』より引用