塩田仁史

6 の用例 (0.00 秒)
  • 同大学サッカー部では先輩の塩田仁史が卒業しFC東京へ入団した後を引き継ぎゴールマウスを守った。
  • また、大学選抜としてユニバーシアード大邱大会にも選出されたが、正GKは塩田仁史が務め、予選リーグのみの出場に留まった。
  • しかし、FC東京の正GKには土肥洋一が定着しており、さらに塩田仁史の台頭もあってベンチ入りの機会すら得られなかった。
  • 手応えと課題を掴みリーグ戦でのベンチ入りを続けていたが、2006年に入ると負傷から復帰した塩田仁史が台頭し、Jサテライトリーグの草津戦ではFWとして途中出場するなどGKの3番手に追いやられ、この年限りで契約を打ち切られた。
  • シーズン開幕前のキャンプでは、前年までの正GKだった塩田仁史の離脱などによって、主力組に抜擢されることもあったが、この好機を掴めず、リーグ戦3試合、カップ戦2試合にベンチ入りするに留まった。
  • ながらく塩田仁史の控えとして過ごしていたが、2009年1月下旬に塩田が虫垂炎及び麻痺性腸閉塞による長期離脱を強いられたことから、権田が開幕スタメンに抜擢され公式戦デビューすることとなった。