塩川村

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 同年7月に塩川村の代官所跡に設けられた仮日新館に弟四郎と共に入学。 ...
  • 丸子鉄道の第1期工事路線開業当時、小県郡塩川村地域唯一の駅として開業した。 ...
  • しかし当時の塩川村は1889年の発足以前で南部は同郡藤原田村として独立していたため校区に加えられなかった。
  • その折、正時の首級は樋口三郎によって塩川村阿弥陀寺に葬られた。 ...
  • その数刻前のこと、滝沢本陣にいた定敬達は鶴ヶ城に向かう兄容保と別れ塩川村へ向かっていた。 ...
  • けさ、戻ってきたやはり弟子僧の嘯竹しようちく坊が、芦名衆が十人あまり、北の塩川村へ急行していったが、また女狩りの用らしい、と報告した。 ...
  • 入城を果たすことができないまま蚕養神社に戻った立見鑑三郎ら桑名藩士は、藩主の行方を知ることが出来、無念のうちに引き上げを決意し、藩主の後を追い塩川村へ移動したのであった。 ...
  • 旧・小県郡丸子町地区で同町の最後の編入合併相手塩川村全域と旧小県郡東部町から編入した地域を校区としている。 ...
  • そして1889年に小県郡塩川村が藤原田村を編入し発足すると「長瀬学校」は解体。 ...
  • その依田村は1955年4月1日に長瀬村とともに丸子町に編入されたが、当駅のある塩川村が丸子町に編入されたのは1956年9月30日であった。 ...
  • 塩川村は長野県小県郡にあった村。 ...
  • 昭和4年塩川村会議員に当選。 ...
  • 塩川村民にとって丸子町市街地及び上田市街地へ行くのに重宝がられたが、大字石井は依田川を越せば隣接する依田村の北部地区に接する地域であるため、同村民にも重宝がられた。 ...
  • 丸子鉄道が開通した際の沿線自治体は、小県郡神川村、塩川村、長瀬村、丸子町の3町村で、当駅は開業当時唯一の長瀬村の駅であった。 ...
  • 塩沢堰の余水を貯え、水不足に備えることを目的とした女神湖の建設工事は、芦田村・横鳥村・三都和村・本牧村・北御牧村・塩川村の6村による農業水利改良事業として、1942年4月に開始。 ...