塚本

全て 名詞
1,638 の用例 (0.02 秒)
  • 将来的には本道路を北伸させて大塚本町交差点に接続させる予定である。
  • そこへ塚本さんから話があったんで、こんな気になったのかも知れない。 都筑道夫『猫の舌に釘をうて』より引用
  • おそらく塚本も、私の知っているていどには、このことを聞いただろう。 都筑道夫『猫の舌に釘をうて』より引用
  • 抵抗した塚本さんのつめのあいだに犯人の皮膚がわずかに残っていることもね。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • 合鍵を作らせた鍵屋は、塚本由貴の家からも自宅からも遠い店を選んだ。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • いまの話を聞いて、いっそう塚本さんがわたしに近づいた気がしたわ。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • たぶんこの塚本は、得意とする間合いが、他の人と大幅に違うんだろう。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • わたしは父親として個人的に塚本という人物を調べさせてもらった。 半村良『夢の底から来た男』より引用
  • 自分が塚本という女に嫉妬しつとしている、と思われてももうかまわなかった。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • 十年前のその日、塚本半之丞は藩主のそばにいて細かな用を足していた。 藤沢周平『麦屋町昼下がり』より引用
  • このことが塚本に知れ、有紀子を知るものに知れたら、どうなるだろう。 都筑道夫『猫の舌に釘をうて』より引用
  • 第一高等学校を経て、学生時代から塚本虎二のもとで聖書と信仰を学ぶ。
  • 海軍陸戦隊もほぼ同時に塚本支隊から5キロほど離れた地点に上陸した。
  • あの日、塚本さんは稽古場からあるものを取りに自宅に帰ったんですって。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • 現在の住居表示上の塚本は、淀川区の南西部に位置する住宅地である。
  • 塚本が一文なしで何日も外で過ごしていることははっきりしていた。 半村良『夢の底から来た男』より引用
  • 塚本はゴルフに限らず、スポーツや遊びの類を一切やらない男なのだ。 赤川次郎『世界は破滅を待っている』より引用
  • それは、塚本さんが殺されて、この世からいなくなったからじゃない。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • この列車は尼崎駅 - 大阪駅間で外側線を走行し、塚本駅は通過する。
  • 塚本と一緒になってやったあの仕事は、何の役にも立たなかったのだろうか。 藤沢周平『暁のひかり』より引用
  • 次へ »