塚原

全て 名詞
1,142 の用例 (0.01 秒)
  • 塚原はすべての技を封じられて、一方的に負けたように見えたのである。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • 線路の西側にホームが置かれ、塚原方の端の階段を使って駅に出入りする。
  • 塚原の母がやってきて、市内見物に出ようとすれば留守番は必要だった。 水上勉『木綿恋い記(下)』より引用
  • そこへ、塚原からの電話で、明美がけ落ちしたらしいという知らせだ。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • なるほど、母には、太市や父の眠っている塚原は捨てられないだろう。 水上勉『木綿恋い記(下)』より引用
  • 家のひとはとめたけど、塚原にいるよりはいいと思ってとび出しちゃった。 水上勉『木綿恋い記(上)』より引用
  • 塚原の若者たちが由布をみる時に投げる眼をみてもわかるのであった。 水上勉『木綿恋い記(上)』より引用
  • つまり、塚原たちのねらう一億円が、今、社長室にあるということなのだ。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • 億円おくえんのことがこれからどうなるか、塚原としても見当がつかない。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • 塚原は、浦田京子が、一度車にはねられそうになったことを思い出した。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • 「からむなよ」そう言いながら塚原は素早く安樹の顔に視線を走らせた。 森瑤子『彼と彼女』より引用
  • 塚原卜伝がこの地で修行したときに卜伝の湯に入ったと言われている。
  • 内心は塚原だってつまたりったりで、かなり「あがって」いるのだ。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • 邪魔じゃまします、と口の中でつぶやいて社長室へ入った塚原は、その場で足を止めた。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • 声をかけられる前に、塚原の方で久野に気付いていたのは、幸運だった。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • 塚原侍医と助手と三人の看護婦が付き添い、ごうの中は足の踏み場もない。 酒井美意子『ある華族の昭和史』より引用
  • 塚原はビルの中へ入ろうとしたが、入口はまだシャッターが下りたままだ。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • 塚原 千恵子は長崎県出身の元オリンピック女子体操選手・指導者である。
  • 外地担当の作戦部隊は塚原二四三中将が指揮する第十一航空艦隊に属していた。
  • 塚原は、バスの一番おくの方へ行って、空席を見付けると、こしをおろした。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • 次へ »

塚原 で始まる単語