塗料

全て 名詞
1,733 の用例 (0.01 秒)
  • これは塗料をつけたボーラをめり込ませてつけたものと推測されている。
  • 紫という色が好きで、自分の家の猫を、紫の塗料で変色させてしまった。 戸板康二『ちょっといい話』より引用
  • この油は中国などから多く輸入されて家具の塗料などに使われている。
  • だが小滝の死体に衝突した際に付着したとみられる塗料抹が発見された。 森村誠一『棟居刑事の断罪』より引用
  • 比較すると、塗料は、まったくと言っていいほど、光を反射しないのだ。 貴志祐介『青の炎』より引用
  • ところで、女神像にはまだ、青い目の部分に塗料がわずかに残っている。 桐生操『黒魔術白魔術』より引用
  • 近年では、自動車や建築物等の塗料の材料の一部として使われることがある。
  • 結婚して3人の子をもうけ、フランスに戻った後は塗料庫を開いている。
  • これらの多数の容器の中からは、塗料ブラシの柄が何本か突き出ていた。 バローズ『火星シリーズ07 火星の秘密兵器』より引用
  • 衝突したのは人工衛星から剥がれた塗料片だろうと考えられている。
  • かなり古いもののようで、屋根の塗料を何度も塗り直しているらしい。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』より引用
  • 黒度や塗料との親和性を変えたり、導電性を持たせたることも可能である。
  • また、熱線を浴びた建築物は表面の塗料に瞬時に気泡が生じるなどした。
  • かつて塗料に大量に使用されていたが最近は毒性を考慮して使用が減少している。
  • いくら蛍光塗料で書かれていても、これは犬や猫の目の高さである。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ08A 悪霊都市ククル〔上〕』より引用
  • 青い塗料で描かれた、字のような、絵のような、不思議な模様だった。 伊坂幸太郎『死神の精度』より引用
  • 色番号は後述のエナメル塗料と共通であるが、色数はこちらの方がやや多い。
  • もっとも、その塗料をすでに使っているかどうかはまだわからない。 筒井康隆『富豪刑事』より引用
  • 男性のなかには、顔と胸、腕に赤と白の塗料で縞模様を描いている者もいる。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 少女は、雪の反射用塗料を塗った窓のところで、居残る算段をしていた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター02 風立ちて“D”』より引用
  • 次へ »