塑像

全て 名詞
448 の例文 (0.00 秒)
  • わたくしはこの像が塑像そぞうであることをつい忘れてしまいそうであった。 ...
  • 芸術ホールには噴水と様々な塑像が設置された小さな公園が付属している。 ...
  • やっぱり塑像かなと云う推測が、また一刹那の間おれの頭の中に閃いた。 ...
  • 投光器の光の中に、それは黒いアドニスの塑像のようにかがやいていた。 ...
  • 欄干には塑像が立っていて、下には薄黒くゆっくりと水が流れている。 ...
  • 彼女がそうやって塑像のように立っている間に、私はその下のものをも脱がせた。 ...
  • なお塑像の作者は、コンクリート像作家として知られる浅野祥雲である。 ...
  • 初めから塑像にするつもりならば、それはそれで味いの違うものが出来ると思っている。 ...
  • テラコッタ製の塑像が「ヴリュ」像として市の修道院に安置されている。 ...
  • それはまた塑像の技術が自由な創造の働きと結びつくことをも意味するであろう。 ...
  • 彫刻は木彫のような日本風のものと塑像のような西洋風のものとに分ける。 ...
  • 今日もまた重油ランプの下で塑像のように動かずにじっと本を見ている老人が一人いた。 ...
  • 彫刻の素材の点では、おおむね前期は石像、後期は塑像が主体であった。 ...
  • 興福寺五重塔初層には四方四仏の浄土が塑像で表されていたが現存しない。 ...
  • 博士コハクは灰白色の毒ガスの中に、まるで塑像のように立っていた。 ...
  • まるで一種の塑像そぞうのような二人の姿であった。 ...
  • 着色の塑像の如くで、生きているものとも思えぬ位であった。 ...
  • 次へ