場面が多く見

24 の用例 (0.00 秒)
  • ゲームの自由度は高く、主人公には幾つもの生い立ちが設定されているほか、ゲーム全般を通して、一つの問題に対して幾つもの解決法が提示される場面が多く見られる。
  • あるゼネラルマネージャーは彼は良いランニングバックだがもっとヤードを稼げる場面でもプレーを終える場面が多く見られたため我々は彼の獲得に興味はないと言われた。
  • ギャグ中心でゲーム内の世界とプレイヤーの現実の世界を描いている『どうぶつの森 ホヒンダ村だより』とは違い、こちらではゲーム内の世界を描いており、ほのぼのとした場面が多く見られるようになっている。
  • 欧州連合の認知度の大きさから5月9日をヨーロッパの日に選ぶ場面が多く見られるが、一部では人権や議会制民主主義、法の支配といったものを擁護する役割を持つ欧州評議会を尊重する立場からヨーロッパの日を祝う人々がいる。
  • プロになったばかりの頃は、淡々とした表情で投げるも、終盤にペースを乱し、あと少しといった場面で上位への進出ラインに届かない場面が多く見られた。
  • しかし、以降は制球力が低下し、三振は取れても四球を与えて自らピンチを招いてしまい打たれるという場面が多く見られた。
  • 実際にこの年のジロでは、山岳ステージであってもチームのエースであるダニーロ・ディルーカを献身的にアシストする場面が多く見られた。
  • その後、レースではFKSの警報音を鳴らした選手がスリット寸前で大きくアジャストする場面が多く見られ、本当のスタート勝負が出来なくなってレースの面白みに欠くようになった他、装置が数億円と非常に高価なものであったなどの理由で2003年3月に廃止された。
  • また番組タイトル、理由VTRのBGMなどまんが日本昔ばなしを連想させる演出、場面が多く見られるのが特徴である。
  • リポーターと言っても、素人の女子大生のため、言葉使いや表現についてやまだひさしや佐藤亜樹に注意される場面が多く見られた。
  • また、18U日本代表においても全国から集まったチームメイトたちに対してひたすら話しかけ、ちょっかいを出す場面が多く見られた。
  • 法務大臣在任中、国会答弁・記者会見に当たっては即答を避け質問の度に官僚側に相談するという慎重な対応場面が多く見られた。
  • 有賀の解釈は、90年代の『ロックマンメガミックス』ではコミカルな場面が多く見られるが、シリアスな展開が多くなるシリーズのストーリー佳境ではそれ以上に「科学者」としての側面を強く描いている。
  • しかし、ワールドカップでは兄・暁斗のワールドカップ参戦初期と同じように、飛躍ではまずまずの位置に付けるものの距離で抜かれ順位を落とすという場面が多く見られており、今後の走力の向上が求められる。
  • 一方、街宣やデモの場ではとりわけ戦闘的な態度を取り、敵対者に荒々しい怒声や罵声を浴びせかける場面が多く見られた。
  • また、救援失敗は少なかったが例年以上にランナーを溜める場面が多く見られ、一時期はWHIPが防御率を上回っていた。
  • 公式サイトのサンプルCGでは足コキの場面が多く見られ、アピールポイントとして脚フェチを対象にヒロインが立ち絵で履いているソックスを随時、ニーソックス・ストッキングに変更可能な「ニーソ選択システム」の採用が挙げられている。
  • チームは8月以降1勝も出来ずに10月19日の柏戦で敗戦しJ2降格が決定してしまうが、リーグ戦終盤にはボランチでスタメン起用されるようになると、攻撃の中心として若手の藤田征也、西大伍らとの連携から何度もチャンスを作る場面が多く見られ、翌年以降の躍進を予感させる戦いぶりを見せた。
  • 頭脳指数の最高が300のため、ここまでの得点が700点以上の解答者がいると緊張感が漂い、1000点突破で喜んで涙したり、1000点に届かず本気で悔しがって床に倒れ込む等、悲喜交々の場面が多く見られた。
  • ユーロビート業界においては、レーベルに所属する作家、プロデューサー、ボーカリストなどの去就に伴い、異なったボーカリストがひとつの名義を使用する場面が多く見られる。
  • 次へ »