場所

全て 名詞
118,151 の用例 (0.02 秒)
  • 僕たちは、時代と場所との制限をうけない美があると信じたがっている。 芥川竜之介『野呂松人形』より引用
  • いったいなんで、こんなに美しいものが今のこの場所に必要なのだろう。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • しかしここももうその頃の私にとっては重くるしい場所に過ぎなかった。 梶井基次郎『檸檬』より引用
  • 二人が二人だけの場所と時とを作り得たとき、それがはじめてわかつた。 岸田国士『山形屋の青春』より引用
  • 悲鳴の起った場所は、いままで口笛のしていたところと同じ方向だった。 海野十三『恐怖の口笛』より引用
  • まっすぐに五百メートル泳ぐことの出来る場所を、僕はほかに知らない。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • 出発するまえに彼女に会い、ぼくがこの島で滞在する場所を教えておいた。 片岡義男『頬よせてホノルル』より引用
  • 二人がおなじ場所で死ななかったのは、男の身分をはばかったからであろう。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • いまとおなじ場所にいてやるから、もうひとつだけチューブを体験しろ。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • なぜなればそこにはただ方法と目的の場所との差違があるのみである。 石川啄木『時代閉塞の現状』より引用
  • ただそれらはそれぞれの時と場所を異にしていたという事にすぎない。 大島亮吉『涸沢の岩小屋のある夜のこと』より引用
  • しかしながら場所を占めてゐないからと云つて確でないとは限らない。 狩野亨吉『歴史の概念』より引用
  • 場所によると人間の姿をしたものをたてなければならなくなつた処もあります。 折口信夫『日本美』より引用
  • 今とは違って、その頃の江戸には竹藪のあるような場所はたくさんあった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • どこかの家の二階の階段を上った狭くるしい場所で長くなって死んでいた。 織田作之助『道』より引用
  • 沖縄本島では、自分の家の香炉を有つて来ても、別の場所に置いてある。 折口信夫『琉球の宗教』より引用
  • それでも、廊下のどの場所にドアがあったかをおぼえているような気がした。 原田義人『城』より引用
  • もう男たちの遊び場所へ顔出ししなければならぬようになってしまったのだ。 織田作之助『青春の逆説』より引用
  • それ以前に住んでいた場所から、ここは歩いて七分ほどのところだ。 片岡義男『物のかたちのバラッド』より引用
  • 信吉達のテーブルの傍にも、空いた場所を物色している客が立っていた。 織田作之助『夜の構図』より引用
  • 次へ »