堕ちる

全て 動詞
298 の用例 (0.00 秒)
  • 十五年前のある夜、私は妖精の力と思われるものの中に堕ちてしまった。 イエイツ/井村君江訳『ケルトの薄明』より引用
  • それに続いて、がちゃんと何か重い金物でも堕ちたような音がしました。 ドイル・アーサー・コナン『まだらのひも』より引用
  • 焦眉の急は、地に堕ちた企業のイメージをいかにして回復するかにある。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • とあって、美濃一国での人気が、火の消えたようにちてしまっている。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • そしてそう思うと同時に、私は自分が果てしなくちていくのを感じた。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • それは地獄へちることをあらかじめ知っていた顔ではなかったのだろうか。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • 左衛門ではあなたは地獄にちなくてはならないのでありませんか。 倉田百三『出家とその弟子』より引用
  • そんな地獄に堕ちる前に自分の世界は自分の手で幕を下ろしたいの。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編』より引用
  • ここでちたら、これまでの苦労はどうなるんだ、すべて水のあわなのか。 喬林知『今日からマ王 第09巻 「地にはマのつく星が降る!」』より引用
  • それ以外考えられないね、どうしてあんたが地獄堕ちをまぬがれるのか。 シェイクスピア/松岡和子訳『お気に召すまま』より引用
  • 地獄にちるべきなのは、あなたのほうだ、とののしってやりたいくらいだ。 若合春侑『無花果日誌』より引用
  • 彼らは、ともに堕ちた真祖を敵とする協力者として私を信用しきっていた。 奈須きのこ『歌月十夜 04 朱い月』より引用
  • 彼が生きながら悪霊や鬼の類に堕ちてくれた方が都合がいいという者もいる。 宮部みゆき『孤宿の人 (上)』より引用
  • あまりに信じがたい世界で、初めは本気で地獄にちたのだと思ったものだ。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える1』より引用
  • 湖の方を眺めてましたが、その顔ときたら地獄に堕ちた人のような顔でしたわ。 フィルポッツ/赤冬子訳『赤毛のレッドメーン家』より引用
  • 彼女の真実を知る自分が人を殺してしまえば、彼女の名まで堕ちてしまう。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • その音を聞きなれたと感ずるころは深いねむりにちていたのであろう。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • 彼は堕ちてこうなったのではなく、もともとこういう男だったのだ。 平安寿子『素晴らしい一日』より引用
  • この男は確かに私に牽制されて、悪風に堕ちることからすくわれていた。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • あえて堕ちたというのは、失神中に犯されたことのみをいうのではない。 山田風太郎『軍艦忍法帖』より引用
  • 次へ »