堆い

全て 形容詞
57 の用例 (0.00 秒)
  • しばらくはいているうち彼はふと庭のすみの堆高うずたかい土のかげをのぞいた。 平林たい子『うつむく女』より引用
  • また、黒歯常之は朔州に侵入した東突厥を黄花堆の戦いで大いに破った。
  • 堆砂の進行が直接の原因によるダム決壊例は全世界において例が無い。
  • 俣野川ダムについても堆砂量データについて改竄が明らかになっている。
  • さて、氷堆丘の断面を見ると、通常の氷堆丘は幾つもの層を持っている。
  • 実兼は直衣のうしの合わせ目から、堆黒ついこくの小箱と『十六夜日記』を取り出した。 杉本苑子『新とはずがたり』より引用
  • 沈砂池における堆砂部分の必要な長さは、概ね以下の計算で求められる。
  • だが三年間、彼女とみ上げた想い出は簡単に断ち切れるものではない。 森村誠一『殺人の組曲』より引用
  • これは同時にダムで問題になる堆砂とは無縁であることを意味する。
  • だがそれだけに地道な夫婦生活の中で静かにみ重ねていく歴史があった。 森村誠一『悪魔の圏内(テリトリー)』より引用
  • よく見ると、堆い書物の隙間に大きな蝶が一つはねあしとで逃げ廻っていた。 豊島与志雄『掠奪せられたる男』より引用
  • 留萌るもい沖の好漁場、武蔵堆むさしたいにも韓国船が頻繁に出没するようになっていた。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 近年深刻化している海岸侵食とダム堆砂の関連性も否定できない。
  • それは神様が地の底に堆んでおいたのを、人間が其の産業のために使ふのだ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 彼はその堆高うずたかい古書の山を前に向いあっていたとき、不図ふと一つの霊感を得た。 海野十三『蠅男』より引用
  • そして、そのさらに下は、完全に氷堆丘の構成物と同様の砂礫である。
  • 氷堆丘を構成している物質は、氷河によって運ばれてきた砂礫である。
  • こうした堆砂の問題はダムを建設する際の永遠の課題とも言える。
  • それも支那書では「白竜堆はくりょうたい」という名で残っているものだそうである。 中谷宇吉郎『『西遊記』の夢』より引用
  • 少しづつ、町の門と云ふやうな穴の縁に、土の小さい塚がみ上げられる。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 次へ »