堀越

全て 名詞
1,088 の用例 (0.01 秒)
  • 堀越課長はこれを読んで、異常な興味を感じないではいられなかった。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • 二十二日夕方逮捕されたときは、堀越はむしろほっとする思いだった。 大塚公子『死刑囚の最後の瞬間』より引用
  • 若い画家は堀越が入って行くと、うれしそうに大声をあげて近寄って来た。 半村良『黄金伝説』より引用
  • これを受けて早雲は、同年夏か秋頃に伊豆堀越御所の茶々丸を攻撃した。
  • また、瀬名氏も堀越氏と同じ系統の一族のため本稿で合わせて記述する。
  • 堀越が言ったことは、島田自身もまったく考えていなかったわけではない。 勝目梓『炎』より引用
  • 堀越がどんな思いで尋ねているのか、まるで判っていないようだった。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 夫が再び外国に派遣された留守宅にも、堀越はちょくちょく顔を出した。 大塚公子『死刑囚の最後の瞬間』より引用
  • 堀越は送られて来たときと同じセドリックで帝都ホテルをあとにした。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 堀越はポッキー等で有田を手なずけながらコーナーを進行させている。
  • 女房が戻ってきて縁に膝をつき、空になった堀越の湯呑に茶をつぎ足した。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 堀越技師によれば、後の零式艦上戦闘機よりも快心の作であったと言う。
  • 堀越と大声で言ったので、ほかの客たちもいっせいに視線を動かした。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 航空技術者として活躍した堀越二郎が、主人公のモデルとなっている。
  • 堀越のスコップをとって、弥市は少し離れた場所に直線を引いて見せた。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 堀越が何のために電話をかけてきたのか、島田にはわからなかった。 勝目梓『炎』より引用
  • 佐藤がそれを言い終えたとき、堀越が茶碗に伏せていた眼を上げた。 勝目梓『炎』より引用
  • その男は、恰幅かつぷくのいい、かにのようなあかい顔の男で、堀越によく似ていた。 山口瞳『人殺し(下)』より引用
  • 穂積はそういえば堀越が機嫌をそこねるはずがないと確信しているようだった。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 長峰は血を吹き出している堀越の耳のところに木刀を突き立てて言った。 勝目梓『炎』より引用
  • 次へ »

堀越 で始まる単語