堀田

全て 名詞
2,121 の用例 (0.02 秒)
  • 堀田が自分の足で電車のまえへ出ていくところが目撃されているのだ。 中村弦『天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語』より引用
  • 何をするつもりか見守っていると、堀田はおれの顔の前に携帯を掲げた。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • よく聞くと、堀田君の叔父がわたし達にそううそいたのだそうですよ。 泡坂妻夫『蔭桔梗』より引用
  • それまで黙っておれと鹿のやりとりを聞いていた堀田が鋭い声を発した。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • しかし、おれと同じくらいの速さで、すでに堀田は身体を起こしていた。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • しかし、堀田君について語るのは別の場所と機会を得てからに致します。 岩井志麻子『黒焦げ美人』より引用
  • 来たらわかりますと言って、堀田はほとんど小走りになって先を進んだ。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • それは堀田の腕の中に抱かれたまま、気を失っている有為子の姿だった。 横溝正史『塙侯爵一家』より引用
  • この一件で完全に頭にきた堀田は、おれを無視するよう生徒に呼びかけた。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 対戦表の、京都女学館の一人目から伸びた線はついに堀田まで進んだ。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 後見役の堀田正敦が若年寄を務めていたことも理由の一つとの説もある。
  • 最後の声を聞いた時、堀田の顔にはおかしいほどの狼狽ろうばいの色がうかんだ。 横溝正史『塙侯爵一家』より引用
  • それが何の解決にもならないことを、堀田の沈黙は如実に物語っていた。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • そのとき、堀田のなかで保たれていた最後の一本の線がぷつりと切れた。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 堀田らしい、最期まで自分は己を犠牲にしているのだと訴える歌だった。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • と言って、堀田は手にしていた書類を、又左衛門の机の端にそっと置いた。 藤沢周平『風の果て(上)』より引用
  • そのやり方だから、堀田の名が生徒名簿にないことを知らなかったのだ。 泡坂妻夫『蔭桔梗』より引用
  • 面の広いメガネの向こうから、冷たい怒りの視線が堀田に注がれていた。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 部屋のなかに堀田のすがたはないのに、硝子の上にだけいるのである。 中村弦『天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語』より引用
  • 先生のクラスで日本史を教えているから、僕も堀田は知っています。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 次へ »

堀田 で始まる単語