堀江

全て 名詞
1,458 の用例 (0.02 秒)
  • コモの家には、堀江ほりえという日本人の男と小学校六年になる男の子がいた。 柳美里『水辺のゆりかご』より引用
  • この三人は八百蔵の子分たちで、堀江町にある彼の貸し家に住んでいた。 南原幹雄『付き馬屋おえん暗闇始末』より引用
  • 信蔵は堀江町三丁目の横町に入ると、一軒の料理茶屋の台所口に立った。 藤沢周平『日暮れ竹河岸』より引用
  • 堀江にとって、この番組が逮捕前最後の生放送でのテレビ出演となった。
  • なお、堀江の西を南北に貫く通り・あみだ池筋の名はこの寺に由来する。
  • ただ、ここには堀江山城に関係するであろう多数の五輪塔が残っている。
  • その後は、中山の友人である作曲家の堀江童子とともに仕事をしていた。
  • 監督は堀江を少しはなれた道端みちばたへ連れて行って、何やら熱心に話し始めた。 赤川次郎『さびしがり屋の死体』より引用
  • こりゃ堀江町へ足を向けて寝られねえってんで、伊佐次と話しましてね。 樋口有介『船宿たき川捕物暦』より引用
  • この堀江は伝説上の存在ではなく、実際に築造されたものと考えられている。
  • 堀江青年の文章の発想には、だれにも見誤る事の出来ぬ一つの性質がある。 小林秀雄『考えるヒント』より引用
  • 堀江町には、お節の妹が後妻に入った茶問屋で小津屋六兵衛の家がある。 平岩弓枝『御宿かわせみ 03 水郷から来た女』より引用
  • 堀江を刑事けいじ役の役者と勘違かんちがいしたジャンパーの男が安井だったのである。 赤川次郎『さびしがり屋の死体』より引用
  • 堀江町の源太っていいますと、そっちのほうではかなり名前が通っています。 平岩弓枝『御宿かわせみ 12 夜鴉(よがらす)おきん』より引用
  • 堀江山城は、川崎城が廃城となるとともに廃されたものと考えられている。
  • 三千代の舌の愛撫で、若い堀江は、たちまち発射しそうになってしまった。 西村京太郎『現金強奪計画 ダービーを狙え』より引用
  • その関係で、堀江が平日17時台のニュース担当を兼務することも多い。
  • 相手の舌を吸い込んだまま、堀江は、強く三千代の身体を抱き寄せた。 西村京太郎『現金強奪計画 ダービーを狙え』より引用
  • 堀江は、後に写真家として有名になる内田九一に薬理学を教えている。
  • 満月は堀江由衣の歌をイメージしたキャラだと作者がコメントしている。
  • 次へ »