堀内

全て 名詞
1,360 の用例 (0.01 秒)
  • 堀内はその後も思い出したように原批判や清原批判に顔を使われている。
  • 当時満鉄の機関士をしていたという堀内勉氏が訪ねて来られたのである。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 昭和四十七年には、その堀内が20勝投手になるチャンスがやってきた。 山際淳司『男たちのゲームセット』より引用
  • と最近は映画俳優もやっているレポーターのティッシュ堀内さんが言う。 牧場由美『オナニー交遊録』より引用
  • 同期に、のちに昭和三十三年、妹の真百美が結婚する堀内隆太郎がいた。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • 堀内はM大のほかの教授連といっしょに、別の席に入っているようだ。 夏樹静子『風の扉』より引用
  • そしてまず、今は結婚して堀内ほりうちという姓になっているのだと言った。 清水義範『いい奴じゃん』より引用
  • さう云へば、堀内氏も自分のことを「われわれ浪人もん」と云つてゐる。 岸田国士『北支物情』より引用
  • 堀内は、溜めていた息を徐々に吐き出すように、妙に力をこめて答えた。 夏樹静子『風の扉』より引用
  • この年の堀内を最後にセ・リーグでシーズン25勝以上した投手はいない。
  • ここへ来る前、一緒に堀内へ入ったときのしずさんは、とても怖かった。 宮部みゆき『孤宿の人 (下)』より引用
  • 堀内投手はプロ入りした一年目に16勝をあげて新人王に選ばれた。 山際淳司『男たちのゲームセット』より引用
  • 応募してきた男性には堀内はオリジナルのニックネームをつけて呼んでいた。
  • 自分を兄のかたきとつけねらっている堀内源二郎一行の仕わざとはおもえぬ。 池波正太郎『秘密』より引用
  • 昨日事務所にはおれと社長しかいなくて堀内はいつものように外まわりをしていた。 筒井康隆『原始人』より引用
  • 堀内が悪送球することは、おそらく二千回に一回くらいの確率だろう。 牧野茂『巨人軍かく勝てり V9達成の秘密』より引用
  • そのことは堀内本人も認識しており、現在ではさほど気にしていない様子である。
  • 堀内氏も警察局に用があるといふので、一緒にこの家を出た。 岸田国士『北支物情』より引用
  • あの日の堀内、そして翌6日の高橋一も調子が出なくて苦しんでいた。 牧野茂『巨人軍かく勝てり V9達成の秘密』より引用
  • 堀内は解散後、しばらく音楽活動を休止していたが後に再開した。
  • 次へ »

堀内 で始まる単語