埼玉

全て 名詞
9,482 の用例 (0.04 秒)
  • この作品の連載が始まったとき、埼玉県に住むある人から手紙があった。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 警察車で行き着いたのは、埼玉県にある中程度の都市の警察署であった。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 埼玉の姉の家をたよっていったものの、田舎では働くところもなかった。 駒田信二『一条さゆりの性』より引用
  • 関東平野のほぼ中央にあり、埼玉県内では東部地域の北寄りに位置する。
  • 依藤が、埼玉県の南東部の詳細地図を開いて、その場所を竜介に示した。 西風隆介『神の系譜Ⅲ 幽霊の国』より引用
  • 瀬川は、前の冬にかえって、埼玉のそこへ勤めはじめていたのであった。 宮本百合子『風知草』より引用
  • 先にもいった話だけど、埼玉県には正真正銘の高句麗の神社があるのよ! 西風隆介『神の系譜Ⅶ 竜の源 高句麗』より引用
  • その光景は学生時代に埼玉のマンションを訪れてみたものと同じだ。 長嶋有『パラレル』より引用
  • 埼玉県より、国民保護法に基づく指定地方公共機関に指定されている。
  • 類似したものを埼玉県でも見ましたが、陸前の方がもとかと思われます。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • それに、時間的にいって、マサトはもう埼玉の屋敷に戻っているはずだ。 西風隆介『神の系譜Ⅱ 真なる豹』より引用
  • 浦川は埼玉県の家を出たいという欲求を積極的に持っていたわけではない。 川上宗薫『赤い夜』より引用
  • わたしの家には今、埼玉の冬を避けに出て來た川越明仁堂の老母がゐる。 島崎藤村『桃の雫』より引用
  • 夫の会社でも、埼玉の方に翻訳の仕事を探してくれると言って来た。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 埼玉県の神官の家系の出で、父親は教育者だから異端児は理解されない。 色川武大『なつかしい芸人たち』より引用
  • 秩父地方への観光客輸送や埼玉県西部の通勤客輸送を目的としている。
  • 何年か前に埼玉や千葉で広がったデマを忘れたわけじゃないだろう? 山本弘『妖魔夜行 悪夢ふたたび……』より引用
  • 現在の埼玉県成立後、埼玉県内で最初に市制を施行したのは川越である。
  • 大学があった埼玉の地方都市には、こんな小奇麗なカフェなどなかった。 楡周平『フェイク』より引用
  • 埼玉県の自治体では唯一、南隣の東京都と北隣の群馬県の両方に接している。
  • 次へ »