基督教青年

27 の用例 (0.00 秒)
  • 経営を日本学生基督教青年会同盟に委任することを決議した。
  • 日本における最初の基督教青年会である。
  • 基督教青年会で中田と共に、高等部普通科の生徒に伝道した。
  • その才能が買われ、中央基督教青年会英語班、そして中央学校の英語教師を務めることになる。
  • この人は、日本基督教青年會の何かをしてゐた。 吉川英治『折々の記』より引用
  • 丹羽さんが青年会において『基督キリスト教青年』という雑誌を出した。 内村鑑三『後世への最大遺物』より引用
  • 明治学院の2代目総理、日本基督教青年会同盟委員長を務めた。
  • それは若くて死んだ一基督教青年の遺稿であつた。 有島武郎『半日』より引用
  • アノ『基督教青年』を私が汚穢きたない用に用いるのは何であるかというに、実につまらぬ雑誌であるからです。 内村鑑三『後世への最大遺物』より引用
  • さらに、北京高等師範学校でも勤務し、北京基督教青年会副総幹事もつとめている。
  • また、上海基督教青年会の活動にも従事した。
  • 当球場左翼後方にあたる場所では1905年、皇城基督教青年会と漢城高等学校による朝鮮半島初の野球の試合が行われた。
  • また、国立キャンパスに隣接して一橋大学基督教青年会によるYMCA一橋寮がある。
  • 賛育会は1888年5月13日に結成された東京帝国大学学生基督教青年会の会員有志によって、1918年に創設された。
  • 明治38年3月4日本多庸一と基督青年大会創立50年記念世界基督教青年大会に、日本のキリスト教会の代表として出席するためにフランスに向けて出発する。
  • 少年時代は腕白であったようで、体育の先生に不良学生扱いを受け、中央学校を退学、中央基督教青年会館の英語班に入った。
  • そこで私が先日東京へ出ましたときに、先生が「ドウです内村君、あなたは『基督教青年』をドウお考えなさいますか」と問われたから、私は真面目にまた明白に答えた。 内村鑑三『後世への最大遺物』より引用
  • 明治38年に滋賀県八幡商業学校に赴任してきた建築家W・M・ヴォーリズが、明治40年に八幡基督教青年会館を建設してバイブル・クラスを開設した。
  • 当初、集会のための貸しホールとして開業し、神田美土代町にあった東京基督教青年会館と並び、若年労働者や学生の集う場所であった。
  • 万国基督教青年大会が東京都開催され、『学生伝道が高調せらるべき理想たる基督にに似たる生涯』と題する講演を行う。
  • 次へ »