基督教的

26 の用例 (0.00 秒)
  • かへつてその中には、欧米各国の基督教的精神と、一致すべきものさへある。 芥川竜之介『手巾』より引用
  • あの基督教的であると同時に異教的な繪のなかですべての女たちがしてゐるやうに。 堀辰雄『プルウスト雑記』より引用
  • 初期には人間性や生命力を表現する詩風だったが、のちにローマカトリックの信仰を土台とした基督教的な愛の世界や倫理意識を表現する詩風となった。
  • 慈善事業とか社会的事業とか云ふものは単に他人の幸福のみを目的としてなされるなら基督教的慈善の失敗した様に失敗するであらう。 ケイ・エレン『恋愛と道徳』より引用
  • この年に小田切の最初の著書である『基督教的焦燥』が出版された。
  • それは母が離婚に対して抱いている基督教的な潔癖さとは違った、もっと封建的な女大学的なものだ。 福永武彦『海市』より引用
  • この雑誌では例の基督教的に何でも断言して了う。 二葉亭四迷『予が半生の懺悔』より引用
  • その態度は基督教的な忍耐の徳などとはほど遠い、あの弱虫の卑怯ひきょうさというやつでした。 遠藤周作『沈黙』より引用
  • T先生は基督キリスト教的色彩を帯びた、やはり名高い小説家だつた。 芥川竜之介『素描三題』より引用
  • 子供が、たといどんなに幼稚な形においても、基督教的な意味における一種の内的生活を有たないことは稀れだ。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • こゝは大に基督教的信仰に近い。 幸田露伴『墨子』より引用
  • これ恋愛の本質は倫理感に属するのに、日本人は気質的に超道徳者で、西洋人の如き基督キリスト教的強烈の倫理感を持たないためだ。 萩原朔太郎『詩の原理』より引用
  • 彼らが平生よく国民に向って教える所のいわゆる日本固有の道徳は、欧米の基督キリスト教的道徳とは違っているはずです。 与謝野晶子『非人道的な講和条件』より引用
  • 彼等の厭世主義は、基督教的反面を持っている。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「燈火」』より引用
  • 併し、夫ではお前は基督教的良心を捨てゝ道徳上の異教徒に改宗するかと云はれゝば、簡單に答へて云はう、俺にはそれが出來ない。 阿部次郎『三太郎の日記 第二』より引用
  • しかしながら、この世の目に見え、手で觸れることのできる事物を、より廣い周圍、もつとも廣い周圍のなかへ導き入れるといつても、なにも基督教的な意味ではありません、そしてそれは純粹に地上的な、深く地上的な、聖らかに地上的な意識をもつてであります。 リルケ・ライネル・マリア『ドゥイノ悲歌』より引用
  • 基督教的楽天詩家の観たる造化は、悉く有望的楽天的なり、彼を非とし、此を是とするは余が今日の題目にあらず。 北村透谷『内部生命論』より引用
  • 基督教的教育を受けて、基督は神であるという考えが頭に染み込むと、冷静に批評する余裕もなくなり、何となく勿体ない気がして、生理学者が動物を解剖するような態度で、基督に分析的研究を加えるに躊躇する。 正宗白鳥『論語とバイブル』より引用
  • 英国のパブリックスクールを原型として、基督キリスト教的なシステムを取り入れた教育様式は現在まで連綿と受け継がれている、いわゆる『お嬢さま学校』である。 嵩夜あや『乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール』より引用
  • 死は眠なり、と言ふと、死は終なりと言ふと、思想の上に莫大の差違あり、一はエターニチイの基督教的思想より来り、一は無常迅速の仏教思想より来れり。 北村透谷『他界に対する観念』より引用
  • 次へ »