基督教団讃美歌

8 の用例 (0.00 秒)
  • 讃美歌第二編は日本基督教団に選任された日本基督教団讃美歌委員会において編集され、1967年に出版された日本の讃美歌集である。
  • 戦後になって、由木康らが中心になって、日本基督教団讃美歌委員会による『讃美歌』が出版された。
  • 三谷の娘である三谷幸子は、神様の愛に打たれてこの讃美を作詞した三谷種吉の信仰について説明したにもかかわらず、日本基督教団讃美歌委員会は、4節を削除した。
  • 讃美歌は1954年に日本基督教団の日本基督教団讃美歌委員会より、改訂・出版された讃美歌集である。
  • 「賛美歌 106番、荒野の果てに」と呼ばれることも多いが、これは日本の日本基督教団讃美歌委員会が編纂した『讃美歌』での番号である。
  • 日本基督教団讃美歌委員も長年歴任した。
  • この共通讃美歌出版の母体となった各派からの参加による共通讃美歌発行のための委員会、即ち「讃美歌委員会」が日本基督教団讃美歌委員会の前身である。
  • メロディーの使用例として、日本基督教団讃美歌194番「さかえにみちたる」が挙げられる。

基督教団讃美歌 の使われ方