基督教団総会議長

5 の用例 (0.00 秒)
  • 若い世代には比較的支持されたが、歴代の日本基督教団総会議長や教団の幹部たちから、当時の時世を思うと、平和な時代に生きる人たちが一方的に戦争責任を問い、これを非難することは許されないし、神の摂理によって設立された教団の存在意義を否定することになるとして、鈴木に反対意見が提出された。
  • 全国にある17の教区の代表によるにほん教団総会が最高意思決定機関で、その議長である日本基督教団総会議長が代表者である。
  • 日本基督教団総会議長在任中の1967年に、「第二次大戦下における日本基督教団の責任についての告白」を発表した。
  • そして、また1973年より1978年まで、日本基督教団総会議長として教団のトップを務める。
  • 日本基督教団統理者代行、出版局長、東亜局長の小崎道雄は、1946年に富田満統理の後任として、戦後初代の日本基督教団総会議長となり、1954年まで4期にわたって務めた。

基督教団総会議長 の使われ方