基督教会の牧師

13 の用例 (0.00 秒)
  • 妻の次代は明治時代に活躍した日本基督教会の牧師・三浦徹の長女である。
  • 日本基督教会の牧師の中で最後の一人となる12月26日まで同意書に署名しなかった。
  • 自営館は日本基督教会の牧師田村直臣が東京府芝区に創設した学生のための施設である。
  • 明治時代に活躍した元菊間藩士で日本基督教会の牧師三浦徹は曽祖父にあたる。
  • 第二次世界大戦前には日本基督教会の牧師、戦後は日本基督改革派教会の創立メンバーの牧師として活躍した。
  • 渡瀬 主一郎は、日本組合基督教会の牧師で、日本最初の口語訳聖書を翻訳した人物である。
  • 日本基督教会の牧師として活動した。
  • 海軍を辞め、北海道開拓使の御用船の船員になるが、北海道伝道のために献身し、日本基督教会の牧師になる。
  • アメリカの神学校を出て日本組合基督教会の牧師となった社会的福音、リベラルの父と、南長老ミッションの神戸神学校出身の母の息子として、1926年支那上海に生まれる。
  • ロバート・デイヴィッドスン宣教師の日本語教師で後に日本基督教会の牧師として活躍した三浦徹の南小田原町3丁目の持ち家で開業し、翌年南小田原町4丁目に移転した。
  • 日本基督教会の牧師・和田秀豊の二男として生まれる。
  • 日本基督教会の牧師押川方義から洗礼を受けて、伊達紋別教会の建設に、田村顕允らと共に長老として協力する。
  • 卒業後に、日本基督教会の牧師の按手礼を受け、1912年に山梨教会に、1914年に水戸教会、富士見町教会、明星教会の牧師を歴任する。