基督教会

242 の用例 (0.01 秒)
  • つまり紹介先はみな日本基督教会のメンバーだったものだろう。 吉川英治『忘れ残りの記』より引用
  • 日本組合基督教会の成立に伴い、各地に派遣され東北地方の伝道などを行う。
  • 日本独立基督教会同盟会とは、戦前の日本における独立諸教会の連絡機関である。
  • 翌年に南2条西6丁目の古い家屋を購入して、札幌基督教会を創立する。
  • 表の小さい板看板に、日本基督教会青年部職業紹介所とあった。 吉川英治『忘れ残りの記』より引用
  • 大正期には植村正久の存在と共に日本基督教会の中核的な存在になる。
  • 在学中に日本組合基督教会霊南坂教会で洗礼を受けクリスチャンとなる。
  • 植村正久の弟子で大正時代に日本基督教会の指導者の一人だった。
  • この年、日本基督教会の創立25周年記念のための歴史編纂に参加する。
  • 聖園教会は日本基督教会に所属して、今日も存在している。
  • 川口基督教会は、大阪府大阪市西区にある日本聖公会の教会堂である。
  • 日本基督教会大会で植村を正使として、欧米に派遣することを決議する。
  • 妻の次代は明治時代に活躍した日本基督教会の牧師・三浦徹の長女である。
  • 日本組合基督教会大阪教会が運営に責任を持った。
  • 明治学院と日本基督教会の合同葬で明治学院チャペルで葬儀が行われた。
  • これは日本組合基督教会に強い影響を与えた。
  • 横浜海岸教会で開かれた大会で「日本基督教会の将来」という題の講演を行う。
  • 日本基督教団に呑み込まれて崩壊した日本基督教会の再建と位置付けられている。
  • 日本基督教団加入に当たっては日本組合基督教会系の第3部に編入された。
  • 大正時代の日本基督教会の指導者であった。
  • 次へ »