基盤的な鋏角類

17 の例文 (0.00 秒)
  • サンクタカリスは1988年の記載当初から既に基盤的な鋏角類と考えられてきた。 ...
  • ハベリア類はその体制により基盤的な鋏角類と考えられる。 ...
  • 基盤的な鋏角類とされる化石節足動物のこの体節も、前体の一部として機能する傾向が見られる。 ...
  • ハベリアと共に、ハベリア類という基盤的な鋏角類と考えられるグループに分類される。
  • サンクタカリスなどと共に、ハベリア類という基盤的な鋏角類と考えられるグループに分類される。 ...
  • これにより、同じく基盤的な鋏角類とされるハベリアに比べると、モリソニアの付属肢はより現生鋏角類に似た機能分担を持っていたとされる。 ...
  • また、ウミグモ類は真鋏角類に対して基盤的である系統位置は広く認められるが、基盤的な鋏角類とされる化石節足動物との関係性ははっきりしない。 ...
  • ハベリアは基盤的な鋏角類とされるが、前体の付属肢はほとんど主に歩行に用いられ、後体の付属肢は多くが退化的な現生鋏角類とは異なって、ハベリアの頭部付属肢は主に口器として用いられ、胴部の付属肢で歩行していたと考えられる。 ...
  • 捕食用の大付属肢を特徴とするMegacheira類は基盤的な鋏角類であれば、鋏角は大付属肢のような付属肢から進化した可能性が高く、元から既に捕食用で6節以上に分かれた付属肢の肢節数を減らし、やがて3節の鋏角になったと考えられる。 ...
  • 基盤的な鋏角類とされるカンブリア紀の節足動物はハベリア、サンクタカリスなどのハベリア類が挙げられるが、この類の最前端の付属肢は鋏角といえるほどの構造を欠いていた。 ...
  • 一方で、この2属の第1-4脚にある歩脚状の外肢は、カブトガニ類・ウミサソリ類・クモガタ類など他の真鋏角類に見当たらず、むしろ基盤的な鋏角類とされるカンブリア紀のハベリア類を思わせる特徴である。 ...
  • 鋏角類は大顎類の節足動物と同様に古生代カンブリア紀に起源していると思われ、それを直接的に示唆する化石証拠としてカンブリア紀の化石ウミグモ類、および基盤的な鋏角類と思われるカンブリア紀の化石群ハベリア類とモリソニア類の存在が挙げられる。 ...
  • 一方で、オファコルスの第1-4脚にある歩脚状の外肢は、カブトガニ類・ウミサソリ類・クモガタ類など他の真鋏角類には見当たらず、むしろ基盤的な鋏角類とされるカンブリア紀のハベリア類を思わせる特徴である。 ...
  • ハベリア類はおそらくカンブリア紀における基盤的な鋏角類として、一部の基盤的な大顎類やArtiopoda類と共に、硬組織をもつ動物を狙う捕食者/腐肉食者のニッチを占める節足動物の1つであったと考えられる。 ...
  • 基盤的な鋏角類とされる前述の古生物を除き、通常、鋏角類は大きくウミグモ類と真鋏角類の2群に分かれ、後者は更にカブトガニ類・ウミサソリ類などを含んだ節口類、およびクモ・サソリ・ダニなどの陸生群を含んだクモガタ類として細分される。 ...
  • 鋏角類はおよそ5億年前のカンブリア紀に起源と考えられ、基盤的な鋏角類とされるカンブリア紀の化石節足動物は、主にMegacheira類、ハベリア類、およびモリソニア類が挙げられる。 ...