基本的な人権

17 の例文 (0.00 秒)
  • 性は、基本的な人権に関わることだから、粗末に扱うべきではない。 ...
  • 模索されやがてそこに生まれてくるのは、自由や民主あるいは基本的な人権などだ。 ...
  • これらの勧告はインターネット・アクセスそのものがひとつの基本的な人権であるかもしくはそうなるであろうことの提案を導いた。 ...
  • 人権団体は、特殊な事情にあってその人間としての基本的な人権が踏みにじられていると考える人たちの人権擁護などを目的とする団体。 ...
  • また、基本的な人権の保障だけでなく、コミュニティの革新的な変化も提言している。 ...
  • 個人主義の開花時代の近代ヨーロッパの文学精神を、日本で窒息させられていた「自我」「主体」の確立の主張の上に絵どる段階から成長して来て、日本の社会現実のうちで自我を存在させ発展させるそのことのためにも、日本ではすべての市民に共通な基本的な人権の擁護が必要であることが把握されはじめた。 ...
  • プライマリ・ヘルス・ケアは、すべての人にとって健康を基本的な人権として認め、その達成の過程において住民の主体的な参加や自己決定権を 保障する理念であり、そのために地域住民を主体とし、人々の最も重要なニーズに応え、問題を住民自らの力で総合的にかつ平等に解決していく方法論・アプローチでもある。 ...
  • それは民主主義文学にたずさわる者のためばかりでなく、人民の文化とは何か、人民の文学とは何か、人民の精神の歴史とは何かということを、あらゆる人が自身の基本的な人権の一つとして、人間としての誇りのためにつかみなおすためになくてはならないものです。 ...
  • 民主的な検事局というならば、あらゆる場合、基本的な人権の劬り、事件関係に対する社会の現実に立ったリアルな科学的洞察、真の道義的責任のありどころを明確にすることがのぞまれて当然である。 ...
  • 生殖にかんする権利は、1968年のテヘラン宣言で、「親には、子どもの数と間隔を自由かつ責任を持って決定する基本的な人権がある」と述べられ、人権の一つとして登場した。 ...
  • そして、この期間は同時に、戦時中最悪の労働条件に虐使されて来た勤労男女が、基本的な人権と労働の権利にたって、インフレーションとたたかいながら、日本の労働条件を半植民地の低さから解放しようと奮闘した。
  • ウィキメディア財団は、遮断の理由は分からず、当局からの通知はないとしたうえで、公開情報の自由な入手は「基本的な人権だ」と主張し、遮断の解除を求めている。 ...
  • 人間の安全保障とは国際社会の秩序を人間・社会の延長として認識し、国家よりもむしろその最小構成単位である人間に注目し、武力行使を防ぐためのシステムを確立し、その基本的な人権、平等、民主主義の発展をグローバルな市民社会の協力によって目指し、平和を創出するグローバリズム学派の安全保障の概念である。 ...
  • この決議は、朝鮮民主主義人民共和国の酷い人権の問題について強い憂慮を表明し、北朝鮮政府に基本的な人権と自由を重んずるよう促した。
  • ロメロは1980年2月アメリカの軍事援助が「疑問の余地なく、最も基本的な人権のために闘っている人々による組織に抑圧を加え、社会的不正を増大させる」とアメリカの大統領ジミー・カーターに手紙を送り、新政権に軍事援助を行わないように要請した。 ...
  • 戦時中、カナダは国家安全保障を目的とする戦時措置法を可決し、日系カナダ人を強制収容すると同時に、これらの日系カナダ人は職業選択の自由や財産権など、多くの基本的な人権を剥奪された。 ...