基本的なレイアウト

17 の例文 (0.00 秒)
  • 基本的なレイアウトはウラニボリと似ており、似た形の壁で囲まれているが、囲まれている面積はずっと小さい。 ...
  • 標準型と指揮官型があるが、基本的なレイアウトは共通。 ...
  • オーナーが実働を目的に改変した部位もあるが、基本的なレイアウトを維持する。
  • コクピットはアバレンオーとは基本的なレイアウトは同じだが、メインを牙としてデザインされている。 ...
  • サンプソン・ケンプソーンのデザインでも見られるその基本的なレイアウトでは、仕事や運動ができる広場が4つあり、それぞれの分類の収容者に割り当てられるようになっていた。 ...
  • 基本的なレイアウトはセダンと共有するが、エンジン搭載位置を15mm低くして重心を下げるなどして走行性能の向上も図られている。 ...
  • 駆動方式やサスペンションなどの基本的なレイアウトは従来の日野・ルノーを踏襲し、排気量もルノー・エンジンの拡大版と言うべきものであった。 ...
  • 後のシンボリックスのシステムでは、スペースカデットキーボードを大幅に単純化したキーボードを使用したが、スペースカデットキーボードの基本的なレイアウトと修飾キーは維持された。 ...
  • 基本的なレイアウトは実車と同じく、シャーシ中央から前後のリジッドアクスルにスイングアームが伸びる構造となっている。 ...
  • 押井は、この作品でレイアウト監修である小林七郎の傍らで基本的なレイアウトの見方を学び、後に独自のレイアウトシステムを確立する契機となった。 ...
  • 電気指令ブレーキを採用したが、運転台の基本的なレイアウトは700系と同一とされ、乗務員室扉も700系同様引戸となった。
  • イリューシンの構想の基本的なレイアウトはアメリカ合衆国のロッキードC-141 スターリフターと酷似していたが、機体サイズがはるかに大きく、エンジンも強力であった。 ...
  • モノコックおよび基本的なレイアウトはFA1Fを踏襲した。 ...
  • 内装の基本的なレイアウトは、センターコンソールの3連メーターなどはBNR32型と同様であるものの、タコメーターにGT-Rのロゴが付いたこと、ハイビームサインが下部から上部へ移設されたことが特徴である。 ...
  • 基本的なレイアウトとしては車体の流用元であるIV号戦車と同様であり、車体後方の機関室に マイバッハ HL120TRM1 ガソリンエンジンを配置し、駆動軸を介して車体前部の変速機、操向変速機へと動力を伝達した。 ...
  • 基本的なレイアウトはナハネ11形に準じ、車内は側廊下式で幅520 mmの3段式寝台が9ボックス54名分並ぶ構造は踏襲しているが、当初より冷暖房完備で、各段寝台の上下間隔が大きく取られ、快適性が改善された。 ...