基本国策要綱

全て 名詞
19 の例文 (0.00 秒)
  • 基本国策要綱で規定された東亜新秩序建設の国是に基づく。 ...
  • 日中戦争の泥沼化と日米緊張により、総力戦を念頭に置いた基本国策要綱が決定され、国民の体力向上を図る一環として研究機関の拡充を行うことになった。 ...
  • これを近衛はあっさり受け入れ、二十六日には「基本国策要綱」として閣議決定し、各項目を関係省庁に検討させることにした。 ...
  • 基本国策要綱は、昭和15年7月26日に第2次近衛内閣によって閣議決定された政策方針。 ...
  • 用語としては陸軍の岩畔豪雄と堀場一雄が作ったものともいわれ、1940年7月に近衛文麿内閣が決定した「基本国策要綱」に対する外務大臣松岡洋右の談話に使われてから流行語化した。 ...
  • 「基本国策要綱」は、このようにして「綜合国策基本要綱」が陸軍から第2次近衛内閣に持ち込まれ、それが原案になったと言われている。 ...
  • ちなみに、この「八紘一宇」なる言葉が、政府の公文書に初めて現われたのはいつであるかというと、十五年七月二十六日、閣議が決定した「基本国策要綱」の根本方針に次の声明が見える。 ...
  • 第2次近衛文麿内閣の発足時の「基本国策要綱」に「大東亜新秩序」の建設として掲げられ、国内の「新体制」確立と並ぶ基本方針とされた。 ...
  • 毎日午前8時30分より首相官邸で三長官会議開を催する運用になり、同年7月26日に大東亜新秩序や国防国家体制を定めた基本国策要綱が閣議決定されてからは、三長官に内閣情報部長を加えた四長官会議となった。 ...
  • 野村大将の意見は、すでに決定されている「基本国策要綱」や三国同盟がしきりに「大東亜新秩序」の建設、いいかえれば東南アジアを日本の勢力圏にして米英勢力の駆逐をはかるという方針に、まっこうから反対するはずである。 ...
  • 七月二十六日、近衛政府が発表した「基本国策要綱」は、軍事機密扱いの「時局処理要綱」の国内向け版であり、これは荻外荘会談における松岡の外交原案とよく似ていたので、ここでは省略する。 ...
  • このように、日本書紀の記述は「八紘為宇」であるが、1940年8月に、第二次近衛内閣が基本国策要綱で大東亜新秩序を掲げた際、「皇国の国是は八紘を一宇とする肇国の大精神に基」づくと述べ、これが「八紘一宇」の文字が公式に使われた最初となった。 ...
  • それと1940年7月26日に閣議決定された「基本国策要綱」において、「日満支を一環にし、大東亜を包括する皇国による、自給自足経済政策を確立すること」が謳われたこともあり、1941年5月には大東亜共栄圏における新たな交通について研究する機関の、「東亜交通学会」が設立された。 ...
  • 「総合国力」という言葉は1980年代になって作られたものではなく、日本では1940年の『基本国策要綱』、1946年の勅令『戦時行政職権特例廃止ノ件』や、1947年の『経済審議庁設置法』中でも使われており、現代でも使われる場合がある。 ...
  • 二十六日には早くも「基本国策要綱」を閣議決定し、続いて二十七日には大本営政府連絡会議で「世界情勢の推移に伴う時局処理要綱」を決定した。 ...
  • 組閣直後の昭和15年7月26日、「大東亜新秩序建設」を国是とし、国防国家の完成を目指すことなどを決めた「基本国策要綱」を閣議決定する。 ...
  • 「近衛も松岡も東条も、みんな組閣と同時に、大本営提案のお供えものを食ってしまった」 『大本営機密日誌』はいうが、「基本国策要綱」も武藤軍務局長から近衛に提出されたものであるし、また「時局処理要綱」の内容の重大さを考えれば、たしかに安易に決定してしまったという印象が強い。 ...