培養真皮

6 の用例 (0.00 秒)
  • 一方、自家培養真皮では、真皮組織が再構築されるが表皮成分は含まれていないため、創閉鎖には皮膚移植が必要となる。
  • 今日、培養皮膚と呼称されているものには、培養表皮、培養真皮、そしてこれらを組み合わせた複合型培養皮膚の3つのタイプがある。
  • 同種培養真皮は、何度も貼り換えることによって創傷治癒促進効果を図る目的で使用される。
  • 日本では、大学病院などの医療機関やバイオベンチャー企業を中心に、自家および同種の培養表皮や培養真皮、自家複合型培養皮膚の開発・臨床応用が行われてきた。
  • 複合型培養皮膚のみならず、培養表皮、培養真皮を含めた総称として「培養皮膚」が用いられることが少なくない。
  • 培養表皮は表皮細胞と少数のメラノサイトから、培養真皮は真皮線維芽細胞とコラーゲンスポンジ等の疑似マトリックスから構成される。