培養法

54 の用例 (0.00 秒)
  • 菊の培養法が違うとかなんとかいうところで、三四郎は、ほかの見物に隔てられて、一間ばかり離れた。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • 従って、ある生物の培養系を確立する場合は、天然培地で培養法を模索しながら、段階的に半合成培地あるいは合成培地へと移行していく事になる。
  • また、遺伝子組換え大腸菌も酢酸などの有機酸の生成を抑えるために、流加培養法が適用されている。
  • エピブラスト幹細胞からの分化誘導やエピブラスト様細胞についての研究開発も行われ、2013年には九州大学の研究チームが大量培養法を発表している。
  • しかしながら、パスツールの液体培養法では複数の細菌が混じった状態での培養しかできず、病原菌を単独で分離培養することができなかったため、これもまた病原体を実験的に証明したことにはならなかった。
  • 培養法は大きく分けて植え継ぎ式と間引き式に分かれる。
  • 固体培養法では液体培養法とは異なり、病原菌と他の細菌の混じり合った中から、それぞれを独立した別のコロニーとして分離し、純粋培養を行うことが可能となったため、分離した一種類の細菌についてのみ、その病原性を研究することが、ようやく可能になった。
  • ティシエはこの違いを明らかにするために糞便中に分離される腸内細菌に着目し、当時はまだ技術的に未熟であった嫌気培養法によってビフィズス菌の分離に成功して、母乳栄養児にこの菌が多く見られることを明らかにした。
  • 害虫の飼育法、ドラッグの合成法、細菌の培養法や化学兵器・テスラコイル・レールガンの製造法等々を通して科学のおもしろさと危険さを紹介している。
  • マウスとヒトは遺伝子レベルで多くの類似性があるものの、マウスES細胞とヒトES細胞とでは、培養法や発現している遺伝子の種類などにおいていくつか異なる点がある。
  • 日本古来から、古民家の囲炉裏の下には自然と塩硝は製造されていたが、五箇山では、自然の草と、蚕の糞などで製造する「培養法」を使って、より多くの塩硝を製造した。
  • 特殊な培養法として三次元培養がある。
  • 塩硝は火薬の原料となる硝酸カリウムで、五箇山では雑草と蚕の糞を利用して抽出する培養法が行われていた。
  • 世界中の酒を見てもわかることだが、ドイツ式ビールだけが底面醗酵であって、これはハンゼンの純粋培養法とリンデの冷凍機の発明とのすばらしい合作の申し子のようなものであって、全くの人為的の産物である。 坂口謹一郎『古酒新酒』より引用
  • マーシャルらはその培養法を応用して、慢性活動性胃炎の患者の胃内、幽門付近かららせん菌を分離することに成功した。
  • その後、嫌気培養法が開発されたことによって偏性嫌気性菌が培養可能となり、消化管内における生態や役割の研究が進んだ。
  • 発生生物学の材料として、ウニやイモリが多用されていたが、1950年代、ニワトリ、マウス、ヒトなどの動物細胞を用いた細胞培養法が確立されていく。
  • 炭酸ガス培養とは、細菌培養法の一種である。
  • そんな中、餌として動物プランクトンを培養することも行われており、そこでは培養液に微小藻類を培養し、その中で動物プランクトンを繁殖させるという培養法が使われていた。
  • カンピロバクターは感染性の下痢の原因となるらせん菌であり、微好気性かつ栄養要求性の厳しい細菌の一種であるため、特殊な培地と培養法が必要である。
  • 次へ »

培養法 の使われ方