培養法

54 の用例 (0.00 秒)
  • この類は培養法が十分に判明しておらず、そのため研究が進んでいない。
  • また、細胞培養法により安価で大量に供給する技術も確立されている。
  • 培養法がないことが、この生物の研究の発展を遅らせた一つの原因でもある。
  • しかし、培養法がほとんど知られておらず、この点も研究の遅れの一因である。
  • 医療現場で行なわれるものと、培養法のような微生物学実験室で行われるものがある。
  • 混乱していた腸内細菌分類が、光岡の開発した分離・培養法によって同分野の分類体系を確立させた。
  • 日本だけではなく、このころ西洋でもさかんに培養法によって、硝石を製造していた。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 純粋培養や染色の方法を改善し、細菌培養法の基礎を確立した。
  • しかし、そこから得られる情報は極めて限定的であり、やはりその生物の存在が判明した場合には培養法の確立が望まれるし、それなくしては多くを知ることはできない。
  • 同時に精製されたラミニンあるいはIV型コラーゲンを使用した培養法が存在することについて述べられている。
  • この生物の培養法は確定していない。
  • 中でも重要なのは、大学との共同研究によって竹の培養法を確立し、ガラス瓶の中に竹林を再現したことである。 森見登美彦『美女と竹林』より引用
  • カンピロバクター培養法を導入したマーシャルらであったが、それでも目的の菌の培養には失敗が続いた。
  • 流加培養とは、微生物や動物細胞の培養法のひとつ。
  • 培養法は種の同定や検出率で優れているが、結果が得られるまでに時間がかかり、種の同定には熟練が必要である、という欠点がある。
  • 簡易法としてろうそくびん培養法がよく行われていた。
  • 特に培養法が確立したモジホコリ()が専ら使われている。
  • その後、ワムシの餌としてはパン酵母が利用可能なことも明らかになり、現在では市販されている濃縮淡水クロレラを利用する工業的な培養法が確立されるに至っている。
  • 菊の培養法が違うとかなんとかというところで、三四郎は、ほかの見物に隔てられて、一間ばかり離れた。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • ロベルト・コッホは病原体の研究にあたり、病原体の純粋培養を目的として培養法の基礎となるさまざまな技術を開発した。
  • 次へ »

培養法 の使われ方