培養条件

19 の用例 (0.00 秒)
  • ただしこの周毛性鞭毛は培養条件などによって失われることがある。
  • ただし同じ細菌であっても、培養条件が変わるとその形状が変化する場合も多い。
  • 今後、培地や培養条件の改良による量産技術の確立が期待される。
  • また培養条件や、カルシウム処理時の溶液組成によっても大きく変化する。
  • 細胞の大きさや胞子の数などは培養条件によっても変化することが知られており、決め手とはなりがたい。
  • 培地組成以外にも低温処理や暗黒培養など、培養条件の変更が必要な場合もある。
  • 培養条件を一定にするという意味では合成培地が望ましいが、その為には培養対象の必須栄養素の要求性や、その他の生育特性を完全に明らかにしておかなければならない。
  • ところが、これらに様々な変異があるだけでなく、培地組成や温度等の培養条件によって変化することも知られており、同一株が別種に判断された例すらある。
  • この疾患では、Biken株の培養条件と同様に、神経系でも隣接する細胞と融合して、ウイルスが移動し感染範囲を拡大すると考えられている。
  • しかし、よく使われるパン酵母や分裂酵母は酸素があっても発酵を好むため、適当な培養条件を選ぶと好気条件でもエタノールを生産する。
  • なお、Cokeromycesは、培養条件によっては酵母状になるので、それをまず分離培地上に広げて、そこへ土壌などの試料を接種することで、この類の菌類を選択的に分離するという方法も考案されている。
  • これらの菌は、本来ならば増殖が可能であるはずの培地や培養条件にそのまま接種しても分裂・増殖しないが、栄養状態によっては細胞が大きく成長したり、リボソームや酵素などが正常に機能すること、核酸などの存在から、死んではいないことが証明されており、この状態が狭義にVNCと呼ばれる。
  • しかし、多くのがん幹細胞の培養方法は正常幹細胞の培養方法を応用したものであり、この培養方法にマッチした、人工的培養条件に適応した細胞群のみをとらえていると考える事も出来る。
  • ES細胞などの分化万能細胞は、培養条件によって分化万能性を維持したまま増殖したり、多種多様な細胞へ分化することができる。
  • それにも関わらず「腸内細菌」科と名付けられた理由は、かつての培養技術では酸素が存在すると死んでしまう偏性嫌気性菌が培養不能であったため、これらの存在が知られておらず、旧来の培養条件でも容易に生育する腸内細菌科の細菌だけが発育したことから、腸内細菌の代表的菌種であると思われていたことに由来する。
  • しかし、現存する多くの単細胞生物は無限の増殖能を持つ上に、培養によって簡単に不死化株が得られる細胞の存在もあって、テロメア短縮とヘイフリック限界を結びつけることに対しては議論され、「ヒト体細胞を培養しても無限の分裂が得られないのは、培養条件が最適でないからだ」という反論も多くみられた。
  • フェオダクチラムは TAG とともにエイコサペンタエン酸を多く産生する事が知られており、脂肪酸合成を促進するような培養条件の検討や有望株のスクリーニング、脂肪酸代謝経路の解析、効率の良い抽出方法の検討などが進められている。
  • STAP幹細胞は胎盤組織への分化能を持たないが、STAP細胞の培養条件を変え、栄養膜幹細胞の作製法と同様にFgf4を含む培地で長期間の接着培養することにより得られた幹細胞からは胎盤を誘導することができた。
  • Acidothermusの生息場所はフランキアとはまったく異なり、イエローストーン国立公園で単離され、高温・酸性条件下が最適な培養条件だ。