執着

全て 名詞
3,517 の用例 (0.01 秒)
  • 一千万円女に使ったら、男は一千万円分かっきりその女に執着するわよ。 森瑤子『非常識の美学』より引用
  • 彼はこの荒蕪こうぶの地の住民たちの故郷に対する宗教的な執着を知っていた。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • だから昔の、変わる前の彼を知るポールに執着しゅうちゃくがあったのかもしれない。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第03巻 プロポーズはお手やわらかに』より引用
  • 金をはらったのだから、急に執着しゅうちゃくがでて来てもよさそうに思えたのだった。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • それより何より彼は私に対してどれほどの執着があったというのだろう。 林真理子『ピンクのチョコレート』より引用
  • こうした狂気の人たちの血に対する執着は医食同源の域を逸脱している。 和田はつ子『薬師』より引用
  • あの超有名プロデューサーがそこまで執着するってただごとじゃないよ。 今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』より引用
  • 自分の名前をつけた道路に執着している様子など、少しも窺えなかった。 足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』より引用
  • 世の中には、女性の髪の毛に異常な執着を見せる男性が大勢いるからね。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』より引用
  • たゞ自身に対して丈けは全ての執着を集めてからみつけてお置きなさい。 伊藤野枝『遺書の一部より』より引用
  • 自分のひそかな愛情が報われないと知ると、ますます相手に執着します。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • 見かけはシニックだったが、彼女はこの恋に執着しているにちがいない。 シムノン/長島良三訳『メグレと口の固い証人たち』より引用
  • どんなことにも深い執着を持たないようにしようと、気をつけてきた。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 源氏は俗世への執着が次第に薄れて、仏の道へ入る心が深くなっている。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 王も荒川コーチもガンコなまでに一本足に執着して完成させたのだった。 牧野茂『巨人軍かく勝てり V9達成の秘密』より引用
  • その思いだけが自分を生につなぎとめる最後の執着のような気がしていた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • そのような魔法をかけられたせいで、命に対する強い執着を失ったからだ。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔上〕』より引用
  • こうした日本人の集落に対する執着の原因はいったいどこにあるのだろうか。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • 賢三よ、この世は執着すればするほど苦しむくうであることを腹に収めよ。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用
  • 判事のような老人は若いものよりもかえって生命に執着を持っている。 クリスティ/清水俊二訳『そして誰もいなくなった』より引用
  • 次へ »

執着 で始まる単語