執事

全て 名詞
3,673 の用例 (0.03 秒)
  • 私たち二人は執事に案内されて、またこの邸の広い廊下を歩いて行った。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • 私の考えではですな、捜査の対象は執事しつじであることは間違いないですよ。 クリスティ/赤冬子訳『三幕の殺人』より引用
  • 商人のところへ行った執事ももどってきて、小麦代の一部をもってきた。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(中)』より引用
  • なぜ執事がこの昔の問答を暗記しようとあれほど気を使ったのだろうか? ドイル/鈴木幸夫訳『コナン・ドイル ホームズの回想(1)』より引用
  • 田舎のある邸宅の主人が殺され、同時に執事と庭番とが行方不明になる。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • 子供が近所の家へ遊びに来たかのような態度だが、執事は慣れきっていた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第16巻 誓いのキスを夜明けまでに』より引用
  • あの人はこれまで私がいっしょに働いてきたどの執事とも違っておりました。 クリスティ/赤冬子訳『三幕の殺人』より引用
  • あとで聞いたことですが、執事にも同様なことをいっていたそうです。 ベントリー/宇野利泰訳『トレント最後の事件』より引用
  • 執事の顔は、倒れぬように身をもたせている壁の色よりも蒼白であった。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 彼女は執事バトラーの下で訓練されて来たので役目についてはよく知っていた。 モーム/田中西二郎訳『ロータス・イーター』より引用
  • 英語で言うところのバトラー、日本語で言うところの執事に他ならない。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • そしてその結果けっか、今ここでこうして執事服にそでを通しているわけだが。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • 星良は受話器を置いて、顔を上げると、ロボットの執事に言いわけした。 森瑤子『アイランド』より引用
  • 真剣な気持ちで意見したのだが、執事もメイド頭もおかしそうに笑った。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第15巻 運命の赤い糸を信じますか?』より引用
  • 確かにそこには他のメイドさんや執事たちにまぎれて見慣みなれた顔があった。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第08巻』より引用
  • とうとう交渉は老大人の執事とのあいだで行なわれることになった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • 以前、執事をしていた豊島が来て、兄や叔父達と葬儀の相談をしました。 久坂葉子『落ちてゆく世界』より引用
  • そして説明を終えた執事影山は、静かな表情のまま麗子のほうを向いた。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』より引用
  • その場にいた十人のメイドと執事はそろって正面玄関の方に目を向けた。 有沢まみず『いぬかみっ!05』より引用
  • 執事は眠っていたが、執事の下役の一人のフリッツ氏が電話に出たのだ。 原田義人『城』より引用
  • 次へ »